慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26463023seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26463023seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :281.2 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 52

Total downloads since Sep 21, 2017 : 52
 
タイトル
タイトル 遺伝子改変マウスを用いた天疱瘡自己抗体病原性の評価法開発  
カナ イデンシ カイヘン マウス オ モチイタ テンポウソウ ジコ コウタイ ビョウゲンセイ ノ ヒョウカホウ カイハツ  
ローマ字 Idenshi kaihen mausu o mochiita tenposo jiko kotai byogensei no hyokaho kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of pathogenic activity of pemphigus using transgenic mice  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 角田, 和之  
カナ ツノダ, カズユキ  
ローマ字 Tsunoda, Kazuyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・専任講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60265915  

名前 中川, 種昭  
カナ ナカガワ, タネアキ  
ローマ字 Nakagawa, Taneaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00227745  

名前 加藤, 伸  
カナ カトウ, シン  
ローマ字 Kato, Shin  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80383719  

名前 小高, 利絵  
カナ コダカ, リエ  
ローマ字 Kodaka, Rie  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 藤田, 康平  
カナ フジタ, コウヘイ  
ローマ字 Fujita, Kohei  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
天疱瘡は粘膜と皮膚に生じる自己免疫性の水疱形成疾患である。尋常性天疱瘡患者は全例で口腔粘膜に水疱を形成する。天疱瘡の病態には自己抗体の病原性が大きく関与しており, 自己抗体価と病勢には一定の相関関係が認められることが確認されている。しかし実際の臨床では抗体価と病気の重症度が一致しない症例が数多く存在する。そこで本研究では天疱瘡自己抗体の新たな病原性評価法を開発し臨床応用を目指すことを目的とした。
Pemphigus is an autoimmune blistering disease of skin and oral mucosa. The all of patients with pemphigus vulgaris have a blister in oral mucosa. Many of cases, pathogenic activity of the autoantibody correlate with clinical phenotype of the pemphigus, and it is confirmed their correlation. However, there are many cases that severity of clinical phenotype does not correlate with antibody titers. Therefore, we tried to develop a novel system to measure the pathogenic activity of the pemphigus autoantibody in this study.
 
目次

 
キーワード
自己免疫疾患  

自己抗体  

病原性  

天疱瘡  

口腔  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26463023
研究分野 : 口腔粘膜疾患
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:05  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース