慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26350586seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26350586seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :386.2 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 205

Total downloads since Sep 21, 2017 : 205
 
タイトル
タイトル リンパ浮腫の包括的評価法の計量心理学的分析と評価セットの作成に関する研究  
カナ リンパ フシュ ノ ホウカツテキ ヒョウカホウ ノ ケイリョウ シンリガクテキ ブンセキ ト ヒョウカ セット ノ サクセイ ニ カンスル ケンキュウ  
ローマ字 Rinpa fushu no hokatsuteki hyokaho no keiryo shinrigakuteki bunseki to hyoka setto no sakusei ni kansuru kenkyu  
別タイトル
名前 Study on analysis of psychometric property of the comprehensive measurement and the assessment set in patients with lymphedema  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 辻, 哲也  
カナ ツジ, テツヤ  
ローマ字 Tsuji, Tetsuya  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90245639  

名前 田沼, 明  
カナ タヌマ, アキラ  
ローマ字 Tanuma, Akira  
所属 静岡県立静岡がんセンター(研究所)・その他の部署・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50306817  

名前 森田, 恵美子  
カナ モリタ, エミコ  
ローマ字 Morita, Emiko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
目的は下肢リンパ浮腫患者を対象に運動耐容能(シャトルウォーキングテスト : SWT), 脚パワー(階段昇降テスト : SCPT), 下肢筋力(患側大腿四頭筋筋力体重比 : QUAD)を評価しリンパ浮腫が運動機能への影響を明らかにすることである。対象は下肢リンパ浮腫患者42名。浮腫重度群では有意にSWT歩行距離が短く, SCPT時間が長く, QUADが低かった。浮腫重度群でQUAD40%未満の患者では, 有意にSWT歩行距離が短く, SCPT時間が長かった。リンパ浮腫の重症化と浮腫側下肢筋力の低下が運動機能低下の主要因の一つであった。本研究で使用した評価項目のリンパ浮腫の運動機能の評価セットとしての有用性が示された。
The aim is to evaluate exercise tolerance (Shuttle walking test : SWT), leg power (stair climbing power test : SCPT), lower Limb muscle strength (the ratio of quadriceps muscle strength to body weight on the affected side : QUAD) and clear negative effects of lymphedema on motor function. Subjects were 42 patients with lymphedema. In severe edema group, there were significantly shorter in SWT distance, longer in SCPT time, and lower in QUAD than in mild one. Patients below 40% of QUAD in severe edema group, SWT distance was shorter and SCPT time was longer significantly. Severer lymphedema and lower muscle strength on the affected side were one of the main factor of decreases in motor function. We showed that evaluation items of our study were useful as the assessment set of motor function in patients with lymphedema.
 
目次

 
キーワード
リンパ浮腫  

運動耐容能  

筋力  

パワー  

運動機能  

評価法  

婦人科癌  

悪性腫瘍(癌)  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26350586
研究分野 : 悪性腫瘍(がん)リハビリテーション, リンパ浮腫の評価と治療
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:41:00  
作成日
Sep 21, 2017 15:41:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース