慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_26293042seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_26293042seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :142.4 KB
Last updated :Jul 25, 2019
Downloads : 75

Total downloads since Jul 25, 2019 : 75
 
タイトル
タイトル 新規分泌性C1qファミリー分子による機能的シナプス回路形成および記憶学習制御  
カナ シンキ ブンピセイ C1q ファミリー ブンシ ニ ヨル キノウテキ シナプス カイロ ケイセイ オヨビ キオク ガクシュウ セイギョ  
ローマ字 Shinki bunpisei C1q famiri bunshi ni yoru kinoteki shinapusu kairo keisei oyobi kioku gakushu seigyo  
別タイトル
名前 Analysis of novel C1q-family proteins that regulate functional synaptic circuits and memory.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 掛川, 渉  
カナ カケガワ, ワタル  
ローマ字 Kakegawa, Wataru  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383718  

名前 鈴木, 邦道  
カナ スズキ, クニミチ  
ローマ字 Suzuki, Kunimichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10713703  

名前 竹尾, ゆかり  
カナ タケオ, ユカリ  
ローマ字 Takeo, Yukari  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90624320  

名前 柚﨑, 通介  
カナ ユザキ, ミチスケ  
ローマ字 Yuzaki, Michisuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40365226  

名前 三浦, 会里子  
カナ ミウラ, エリコ  
ローマ字 Miura, Eriko  
所属 慶應義塾大学・医学部・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10571169  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
神経細胞どうしをつなぐ「シナプス」の形態および機能を制御する分子機構の解明は, 「記憶」の形成過程を理解する上で重要である。本研究において, 私たちは補体C1qの機能ドメインを有する新規C1qファミリー分子群が, 小脳や海馬の興奮性シナプスを動的に制御していることを明らかにした(Elegheert, Kakegawa et al., Science, '16 ; Matsuda et al., Neuron, '16 ; Kakegawa et al., Neuron, '15)。そのため, 本成果は記憶を担う中枢シナプスの普遍的かつ新しい形成・動作原理を理解するうえで有益な情報を提供しうる。
It has been recently considered that synapses, which connect between neurons, are a basic element for the learning and memory. Therefore, to elucidate how synapses are formed and behave in vivo is a very important issue for understanding the process of learning and memory. In this study, we found that novel C1q-family proteins, which have a functional domain conserved in the C1q complement in immune system, regulate dynamically synapse morphology, functions and the localization of the synaptic proteins in the cerebellum and hippocampus (Elegheert, Kakegawa et al., Science, '16 ; Matsuda et al., Neuron, '16 ; Kakegawa et al., Neuron, '15). Interestingly, as C1q-family proteins are widely expressed in various brain regions throughout life, our findings may provide useful information to understand general and novel mechanisms for the synaptic integrity in the CNS.
 
目次

 
キーワード
シナプス  

小脳  

運動記憶  

プルキンエ細胞  

精神神経疾患  

補体  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2014~2016
課題番号 : 26293042
研究分野 : 神経生理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 25, 2019 13:20:54  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 8, 2017    概要, フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
Jul 25, 2019    著者 を変更
Jul 25, 2019    版 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース