慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25713059seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25713059seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :155.1 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 55

Total downloads since Sep 21, 2017 : 55
 
タイトル
タイトル 血管新生の「質」を向上させる創傷治療戦略の開発  
カナ ケッカン シンセイ ノ 「シツ」 オ コウジョウサセル ソウショウ チリョウ センリャク ノ カイハツ  
ローマ字 Kekkan shinsei no "shitsu" o kojosaseru sosho chiryo senryaku no kaihatsu  
別タイトル
名前 Strategy to improve the quality of wound angiogenesis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 久保田, 義顕  
カナ クボタ, ヨシアキ  
ローマ字 Kubota, Yoshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50348687  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
皮膚・軟部組織が損傷・欠損すると, これを復元すべく内因性の創傷治癒機構が発動する。その過程において中心的な役割を果たすのが周囲の血管からのいわゆる「血管新生」であると考えられている。本研究では, この創傷治癒における血管の変動を, 従来の「血管新生」の枠組みにとどまらず, より包括的に「創傷血管網リモデリング」と称し, その全容の解明を目的として遂行された。その結果, 創傷血管網リモデリングの主体は, 血管の増殖や分枝増加よりむしろ, 血管径の増大や血流増加, 創収縮に伴う血管の方向性の変化であり, 特に前2者については, 各種変異マウスの解析により, VEGF/VEGFR2シグナルに依存していることをつきとめた。
Once skin tissues are injured, the endogenous healing program takes place and damaged tissues are repaired or regenerated. Angiogenesis, formation of new blood vessels from nascent vessels, are believed to play a central role in this repairing process. However, the entity of the kinetics of blood vessels associated with wound healing is only ambiguously clarified. Here we established a new wound healing model using neonatal mice, suitable for visualizing the 3-D structure of blood vessels in wound tissues. Utilizing this technique, we found vascular changes during wound repair are mainly the vascular enlargement accompanied by increased blood flow, and the vessel curving caused by wound contraction, rather than typical angiogenesis. We also found the increase in diameter and blood flow depends on the VEGF-VEGFR2 signaling. These results suggest the vascular remodeling during wound healing is not a typical angiogenesis, but uniquely characterized as enlargement and curving.
 
目次

 
キーワード
血管  

創傷治癒  

VEGF  

VEGFR2  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(A)
研究期間 : 2013~2016
課題番号 : 25713059
研究分野 : 血管生物学, 形成外科学
 
言語
英語  

日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:58  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:58  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース