慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25461631seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25461631seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :247.4 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 158

Total downloads since Jan 6, 2017 : 158
 
タイトル
タイトル 心臓流出路および大動脈弓発生異常に関与する遺伝子と環境因子の影響  
カナ シンゾウ リュウシュツロ オヨビ ダイドウミャクキュウ ハッセイ イジョウ ニ カンヨスル イデンシ ト カンキョウ インシ ノ エイキョウ  
ローマ字 Shinzo ryushutsuro oyobi daidomyakukyu hassei ijo ni kanyosuru idenshi to kankyo inshi no eikyo  
別タイトル
名前 The genetic and environmental effect on defects of developing cardiac outflow tract and aortic arch  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 前田, 潤  
カナ マエダ, ジュン  
ローマ字 Maeda, Jun  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00255506  

名前 土橋, 隆俊  
カナ ツチハシ, タカトシ  
ローマ字 Tsuchihashi, Takatoshi  
所属 慶應義塾大学・医学部・共同研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10286528  

名前 山岸, 敬幸  
カナ ヤマギシ, ヒロユキ  
ローマ字 Yamagishi, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40255500  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
心臓流出路発生に必須の転写因子Tbx1の発現を低下させたTbx1neo/neoマウスは, ヒト22q11.2欠失症候群同様, 総動脈幹症(PTA)を呈する。Tbx1neo/neo胎仔を妊娠した母マウスに, 栄養素である葉酸を通常量投与した(CO)群と多量投与した(FA)群で, 胎仔の心表現型を比較したところ, CO胎仔は全例重症型PTAを呈したが, FA胎仔では軽症型が25%認められた。心臓流出路に遊走する神経堤細胞数は, CO胎仔では減少していたが, FA胎仔ではその減少の程度が軽度だった。このモデルマウスによる検討から, 遺伝的要因で発症するPTAの重症度が, 環境的要因により軽症化する可能性が示唆された。
Tbx1 is an essential transcription factor required for development of the cardiac outflow tract and artic arch. Our genetically engineered Tbx1 hypomorphic (Tbx1neo/neo) mice display a severe congenital heart defect, persistent truncus arteriosus (PTA), reminiscent of 22q11.2 deletion syndrome in human. We compared cardiovascular phenotype of Tbx1neo/neo embryos from pregnant mice fed with usual diet (CO) and with folic acid rich diet (FA). All of CO embryos showed severe form of PTA, meanwhile 25 percent of FA embryos showed milder form of PTA. The number of migrated neural crest cells were reduced in developing cardiac outflow tract of CO embryos compared with wild type, whereas the migration of neural crest cells was restored in FA embryos. These results suggest that PTA in Tbx1neo/neo embryos results from genetic background can be modified by nutrition and the environmental adjustment during pregnancy may rescue the cardiovascular phenotype.
 
目次

 
キーワード
心臓流出路  

先天性心疾患  

遺伝子  

環境因子  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25461631
研究分野 : 小児循環器学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:49  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース