慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25461608seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25461608seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :92.9 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 156

Total downloads since Jan 6, 2017 : 156
 
タイトル
タイトル ゲノム情報および遺伝子発現に基づく小児Ph染色体陽性白血病の創薬標的候補探索研究  
カナ ゲノム ジョウホウ オヨビ イデンシ ハツゲン ニ モトズク ショウニ Ph センショクタイ ヨウセイ ハッケツビョウ ノ ソウヤク ヒョウテキ コウホ タンサク ケンキュウ  
ローマ字 Genomu joho oyobi idenshi hatsugen ni motozuku shoni Ph senshokutai yosei hakketsubyo no soyaku hyoteki koho tansaku kenkyu  
別タイトル
名前 Genome- and gene expression-based drug discovery for pediatric Philadelphia chromosome positive leukemia  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 嶋田, 博之  
カナ シマダ, ヒロユキ  
ローマ字 Shimada, Hiroyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80265868  

名前 嶋, 晴子  
カナ シマ, ハルコ  
ローマ字 Shima, Haruko  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80424167  

名前 清河, 信敬  
カナ キヨカワ, ノブタカ  
ローマ字 Kiyokawa, Nobutaka  
所属 独立行政法人国立成育医療研究センター・小児血液・腫瘍研究部・部長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60195401  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
難治性白血病であるフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(Ph+ALL)の約80%にIKZF1遺伝子の欠失を認めたとの報告があり, 小児Ph+ALL患者を対象に, IKZF1欠失の有無と予後との関係を調べた。再発のない4年生存率は, IKZF1欠失のない患者が89%であったのに対し, IKZF1欠失のある患者は42%だった。IKZF1欠失のある患者の方が有意に再発率が高く, Ph+ALLが難治性であるのは, Ph染色体の形成より, IKZF1欠失に強く関係することが分かった。
Deletion of IKZF1 gene was reported to be found in 80% of pediatric Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia (Ph+ALL), which is known to be refractory leukemia. We examined the association between IKZF1 deletion and prognosis of 40 Ph+ALL patients, who was registered into the JPLSG Ph+ALL04 study. As a result, 4-year event-free survival was 89% in patients without IKZF1 deletion and 42% in patients with IKZF1 deletion. Patients with IKZF1 deletion had a significantly higher rate of relapse than those without IKZF1 deletion. These results suggest that the reason why Ph+ALL is refractory is not the appearance of Ph-chromosome but deletion of IKZF1.
 
目次

 
キーワード
慢性骨髄性白血病  

フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病  

IKZF1遺伝子  

ゲノム解析  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25461608
研究分野 : 小児血液・腫瘍
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:49  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:49  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (586) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (520)
3位 日本におけるスペ... (416)
4位 ロマン主義として... (356)
5位 新自由主義に抗す... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1840年代三田尻宰... (908) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (719)
3位 アルコール発酵の... (682)
4位 中和滴定と酸塩基... (515)
5位 ナイロン66のATR... (482)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース