慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25460422seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25460422seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :185.6 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 74

Total downloads since Jan 6, 2017 : 74
 
タイトル
タイトル 腎細胞癌の分子標的薬による治療効果の病理学的解析と耐性機構の解明  
カナ ジンサイボウガン ノ ブンシ ヒョウテキヤク ニ ヨル チリョウ コウカ ノ ビョウリガクテキ カイセキ ト タイセイ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Jinsaibogan no bunshi hyotekiyaku ni yoru chiryo koka no byorigakuteki kaiseki to taisei kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Analysis of effect and resistance of molecular-targeted therapy in renal cell carcinoma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 三上, 修治  
カナ ミカミ, シュウジ  
ローマ字 Mikami, Shuji  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20338180  

名前 小坂, 威雄  
カナ コサカ, タケオ  
ローマ字 Kosaka, Takeo  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30445407  

名前 水野, 隆一  
カナ ミズノ, リュウイチ  
ローマ字 Mizuno, Ryuichi  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60383824  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は腎細胞癌の分子標的治療効果の解析・耐性機構を解明するために行われた。腎細胞癌では腫瘍壊死因子(TNF-α)および癌幹細胞マーカーCD44発現が原発巣の進展度, 遠隔転移, 不良予後と相関した。TNF-αはE-cadherin発現を抑制, MMP9, CD44発現を亢進させることで遊走・浸潤を促進した(EMTおよび癌幹細胞の誘導)。分子標的薬スニチニブ治療を行った場合, CD44高発現が治療抵抗性と関連していた。また, スニチニブ治療後の転移性腎細胞癌組織は未治療癌組織に比べCD44が高発現していた。TNF-αはEMTおよび癌幹細胞を誘導により腎細胞癌の進展・治療抵抗性に関与していると考えられる。
This study was performed to clarify the significance of TNF-α and CD44 in clear cell renal cell carcinomas (ccRCCs). Co-upregulation of TNF-α and CD44 was associated with primary tumor stage, distant metastasis, and poor prognosis. TNF-α enhanced migration and invasion of ccRCC cells together with down-regulation of E-cadherin expression and up-regulation of matrix MMP9 and CD44 expression. Among ccRCC patients treated with sunitinib for metastatic disease, high CD44 expression was associated with poor treatment outcome. Importantly, residual carcinoma cells in the sunitinib-treated metastatic ccRCCs were strongly positive for CD44, and the CD44 expression was significantly higher in the tumors from the sunitinib-treated patients than in those from untreated ones. Our data show that TNF-α plays an important role in progression of ccRCCs by inducing EMT and CD44 expression, and suggest that CD44 induced by TNF-α may be involved in the resistance to the sunitinib treatment.
 
目次

 
キーワード
腎細胞癌  

浸潤  

転移  

分子標的治療  

癌幹細胞  

上皮-間葉転換  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25460422
研究分野 : 病理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:44  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:44  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース