慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25420382seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25420382seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :330.7 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 235

Total downloads since Jan 6, 2017 : 235
 
タイトル
タイトル 誤り訂正符号を用いた過負荷MIMOシステムの低演算量信号分離法の研究  
カナ アヤマリ テイセイ フゴウ オ モチイタ カフカ MIMO システム ノ テイエンザンリョウ シンゴウ ブンリホウ ノ ケンキュウ  
ローマ字 Ayamari teisei fugo o mochiita kafuka MIMO shisutemu no teienzanryo shingo bunriho no kenkyu  
別タイトル
名前 Research on low computational complexity signal de-multiplexing schemes for overloaded MIMO systems  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 眞田, 幸俊  
カナ サナダ, ユキトシ  
ローマ字 Sanada, Yukitoshi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90293042  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 誤り訂正符号を用いた過負荷MIMO-OFDM伝送方式を検討した。 検討の結果, 提案方式は誤り訂正符号にブロック符号を用いた場合, 誤り率特性を維持しながら統合最尤復号の復号演算量を1/40に低減した。さらに誤り訂正符号にTrellis符号を用い, スループットを維持したまま特性を改善するシステムも提案し, 受信信号電力が高い領域で特性を維持しつつ計算量を約 1/16に低減した。また非直交多元接続システムにおいて統合最尤復調により信号分離処理を行うシステムを検討した。基地局近傍端末および基地局から遠方の端末両方において統合最尤復調を適用することによって全体のスループットが改善した。
This research focuses on an overloaded multi-input multi-output (MIMO) orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) system. One of the problems in the overloaded MIMO-OFDM system is the performance degradation due to spatial signal multiplexing. In the conventional MIMO system, antenna diversity in a receiver suppresses the performance degradation. Instead, a proposed overloaded MIMO system applies forward error correction coding. With the use of coding, frequency diversity can be realized and it suppresses the performance degradation owing to spatial signal multiplexing. The problem of the use of coding is that the complexity of joint maximum likelihood decoding (MLD) increases exponentially with the number of signal streams. Thus, this research proposes the complexity reduction schemes in the overloaded MIMO-OFDM systems. Furthermore, the joint MLD is applied to user terminals in a non-orthogonal multiple access system for improving the throughput of a NOMA downlink.
 
目次

 
キーワード
過負荷MIMO  

非直交多元接続  

OFDM  

最尤推定復号  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25420382
研究分野 : 無線通信
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:39  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース