慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_25350943seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_25350943seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :284.3 KB
Last updated :Jan 6, 2017
Downloads : 201

Total downloads since Jan 6, 2017 : 201
 
タイトル
タイトル 幼児の基本的動作習熟度及び活動動作水準に応じた運動プログラムのための基礎的研究  
カナ ヨウジ ノ キホンテキ ドウサ シュウジュクド オヨビ カツドウ ドウサ スイジュン ニ オウジタ ウンドウ プログラム ノ タメ ノ キソテキ ケンキュウ  
ローマ字 Yoji no kihonteki dosa shujukudo oyobi katsudo dosa suijun ni ojita undo puroguramu no tame no kisoteki kenkyu  
別タイトル
名前 The relationship between fundamental movement skill competence and physical activity level in preschool children : a study for making exercise programs for preschoolers  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐々木, 玲子  
カナ ササキ, レイコ  
ローマ字 Sasaki, Reiko  
所属 慶應義塾大学・体育研究所・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80178673  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2015  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 幼児の基本的な動作の習熟度と日常活動における動きの多様性との関係を明らかにすることを主たる目的とした。幼稚園での自由遊び時間中に観察される動作を経時的に記録し, 遊び活動に含まれる基礎的な動作の種類, 出現頻度を計測した。動作習熟度の高い幼児は低い幼児と比べて活動中に出現する動作の種類が多く多様であり, 動作から動作への展開も速いことが明らかになった。また, 歩数などの定量的な身体活動量と動きの多様性は必ずしも一致せず, 子どもたちが実際にどのような運動や動作を行っているかを認識することの必要性が示唆された。これらの結果は幼児の効果的な運動プログラム作成に生かされるものと考えられる。
The pouperse of this study was to clarify the relationship between fundamental movement skill (FMS) competence and behavioral movement patterns during freeplay in preschool children in order to determine what support FMS acquisition may require. In the observational methods, I recorded those children's movements during the period, and compared behavioral movement patterns among children with and those without sufficient FMS competence. It was indicated that children with higher FMS competence tended to have longer and more varied and complex behavior patterns. Although children with lower FMS competence did engage in locomotion, their movemens were rather simple and less varied during free play activities. Based on these findings, it must be pointed out that there is a need to provide organized opprtunities that facilitate children's acquisition of FMS, which may include teaching unfamiliar movements, usage of play equipment, and providing appropriate spaces.
 
目次

 
キーワード
動作発達  

幼児  

観察的評価  

動作習熟度  

動きの多様性  

自由遊び  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2013~2015
課題番号 : 25350943
研究分野 : 発達動作学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 27, 2016 11:18:36  
作成日
Dec 27, 2016 11:18:36  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2015年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (586) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (520)
3位 日本におけるスペ... (416)
4位 ロマン主義として... (356)
5位 新自由主義に抗す... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1840年代三田尻宰... (908) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (719)
3位 アルコール発酵の... (682)
4位 中和滴定と酸塩基... (515)
5位 ナイロン66のATR... (482)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース