慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24591211seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24591211seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :165.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 326

Total downloads since Apr 11, 2016 : 326
 
タイトル
タイトル ES/iPS細胞の腎尿細管への分化誘導系を用いた腎疾患進展機構の解明  
カナ ES/iPS サイボウ ノ ジン ニョウサイカン エノ ブンカ ユウドウケイ オ モチイタ ジンシッカン シンテン キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 ES/iPS saibo no jin nyosaikan eno bunka yudokei o mochiita jinshikkan shinten kiko no kaimei  
別タイトル
名前 An investigation of mechanism of progression of kidney disease using renal tubular cells differentiated from ES/iPS cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 門川, 俊明  
カナ モンカワ, トシアキ  
ローマ字 Monkawa, Toshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80286484  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
マウスES細胞に胚様体を形成させ, activinとIGFを添加して培養した後, KSP抗体を用いて, KSP陽性細胞を分離することで腎尿細管細胞へ分化誘導を行った。KSP陽性細胞はMatrigel上で管腔を形成し, Wnt4刺激下で尿細管の各セグメントの性質を獲得した。ヒトES細胞はマウスより分化しにくいが, GSK-3β阻害剤によってKSP陽性細胞を増やすことができた。
EMTと上皮化の実験モデルのmicroarray解析から, マウス尿細管細胞においてmiR-34cがTGF-βによるEMTを抑制することがわかった。miR-34cを片側尿管結紮モデルマウスに投与することで腎臓の線維化が抑制された。
We developed a method of inducing renal tubular cells from mouse embryonic stem cells via the cell purification of kidney specific protein (KSP)-positive cells using an anti-KSP antibody. KSP-positive cells had the capacity to form tubular structures when grown in a 3D culture in Matrigel. Moreover, KSP-positive cells acquired the characteristics of each segment of renal tubular cells through tubular formation when stimulated with Wnt4. Human ES cells were not willing to differentiate into tubular cells compared to mouse ES cells. GSK-3&#223 ; -inhibitor increased KSP-positive cells.
We examined miRNA expression in experimental models of EMT and renal epithelialization using microarray, and found that miR-34c attenuates EMT induced by TGF-β in a mouse tubular cell line. To confirm the effects of miR-34c in vivo, we administered the precursor of miR-34c to mice with unilateral ureteral obstruction, and miR-34c decreased kidney fibrosis.
 
目次

 
キーワード
腎臓  

尿細管  

ES細胞  

iPS細胞  

miRNA  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24591211
研究分野 : 腎臓内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:39:53  
作成日
Apr 11, 2016 09:39:53  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース