慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24560552seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24560552seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :107.2 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 454

Total downloads since Apr 11, 2016 : 454
 
タイトル
タイトル 立体音響構成のための頭部伝達関数のモデリング  
カナ リッタイ オンキョウ コウセイ ノ タメ ノ トウブ デンタツ カンスウ ノ モデリング  
ローマ字 Rittai onkyo kosei no tame no tobu dentatsu kansu no moderingu  
別タイトル
名前 Modeling of head-related transfer functions for three-dimensional sound  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 足立, 修一  
カナ アダチ, シュウイチ  
ローマ字 Adachi, Shuichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40222624

名前 丸田, 一郎  
カナ マルタ, イチロウ  
ローマ字 Maruta, Ichiro  
所属 京都大学大学院・情報学研究科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20625511
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
前方や後方, 上下などのさまざまな方向からの音を再現する立体音響を実現するためには, 人間の頭部伝達関数を推定する必要がある。従来, 音響信号処理の分野では, TSP(Time Stretched Pulse)信号を用いて頭部伝達関数を求めていたが, この方法では多方向の頭部伝達関数を一つひとつ測定しなければならず, 測定に長時間を有していた。本研究では, 制御工学の分野で研究が進められている多変数システム同定理論を用いて頭部伝達関数を推定する新しい方法を提案した。57方向の三次元空間多方向同時推定実験を行い, 得られたデータを用いて頭部伝達関数のモデリングを行い, 提案法の有効性を確認した。
We proposed a method of simultaneous estimation for head-related transfer functions (HRTFs) using a multi-input single-output (MISO) system identification method. A set of multi-directional HRTFs can be regarded as an MISO system, and identified as an MISO finite impulse response model by applied the least squares method. The effectiveness of the proposed methods was verified through the simultaneous estimation experiments of 57 direction HRTF sets of the dummy head and sound localization experiments of 16 subjects. Through the experiments it is verified that the HRTFs estimated simultaneously were nearly equivalent to HRTFs measured one direction by one direction.
 
目次

 
キーワード
制御理論  

システム同定  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24560552
研究分野 : 工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:58:19  
作成日
Apr 11, 2016 09:58:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース