慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24560530seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24560530seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :390.3 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 80

Total downloads since Apr 11, 2016 : 80
 
タイトル
タイトル 筋音によるヒトの運動時における粘弾性調節機構の解明  
カナ キンオン ニ ヨル ヒト ノ ウンドウジ ニ オケル ネンダンセイ チョウセツ キコウ ノ カイメイ  
ローマ字 Kinon ni yoru hito no undoji ni okeru nendansei chosetsu kiko no kaimei  
別タイトル
名前 Muscle visco-elasticity estimated from mechanomyogram during human motion  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 内山, 孝憲  
カナ ウチヤマ, タカノリ  
ローマ字 Uchiyama, Takanori  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50243324
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
自転車こぎ運動と歩行を対象として, 運動時の誘発筋音を計測するシステムを構築した。自転車こぎ運動では, ペダルを踏み込むときの大腿の筋を電気刺激したときの誘発筋音から, 筋の弾性係数を推定した。弾性係数は, 自転車こぎ運動の負荷の大きさに対して線形に変化することを明らかにした。歩行では, 踵接地時に下腿の脛の筋を電気刺激したときの誘発筋音から弾性係数を推定する方法を新たに開発した。また踵接地時には椅子に座って安静にしている場合と比較すると, 弾性係数が一桁以上大きくなることを明らかにした。
The measurement systems for an induced mechanomyogram in cycling exercise and walking were constructed. In case of the cycling exercise, the vastus lateralis muscle was stimulated electrically at 80 degree of the knee angle in down phase. The induced mechanomyogram was extracted, and then the transfer function from the electrical stimulation to the induced mechanomyogram was identified. The elastic coefficient of the muscle was estimated. The elastic coefficient was proportional to the power output of the cycling exercise. In case of the walking, novel technique to extract the induced mechanomyogram was developed. The induced mechanomyogram was measured from the tibialis anterior muscle at the heel contact, and then the transfer function from the stimulation to the induced mechanomyogram was identified. The elastic coefficient of the muscle at the heel contact increased more than ten times comparing to that in the resting.
 
目次

 
キーワード
筋音  

粘弾性  

システム同定  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24560530
研究分野 : 計測工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 09:58:19  
作成日
Apr 11, 2016 09:58:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース