慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_24390357seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_24390357seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :328.0 KB
Last updated :Apr 11, 2016
Downloads : 84

Total downloads since Apr 11, 2016 : 84
 
タイトル
タイトル 思春期特発性側弯症の進行予測モデルの確立  
カナ シシュンキ トクハツセイ ソクワンショウ ノ シンコウ ヨソク モデル ノ カクリツ  
ローマ字 Shishunki tokuhatsusei sokuwansho no shinko yosoku moderu no kakuritsu  
別タイトル
名前 Predictive model for onset and progression of adolescent idiopathic scoliosis  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松本, 守雄  
カナ マツモト, モリオ  
ローマ字 Matsumoto, Morio  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40209656

名前 渡辺, 航太  
カナ ワタナベ, コウタ  
ローマ字 Watanabe, Kota  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60317170

名前 細金, 直文  
カナ ホソガネ, ナオブミ  
ローマ字 Hosogane, Naobumi  
所属 防衛医科大学校・病院整形外科・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10365306
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は思春期特発性側弯症患者からDNAサンプルを収集し, 全ゲノム相関解析(genome wide association study, GWAS)を行い, 側弯の発症と重症化に関与する遺伝子を同定することを目的に行った。研究期間中に約3500名の思春期特発性側弯症患者のDNAサンプルを血液あるいは唾液から収集した。また全例X線を撮像した。GWASにより側弯症発症に関与する遺伝子を4つ, 進行に関与する遺伝子2つを同定した。
This study was conducted to develop a predictive model for onset and progression of adolescent idiopathic scoliosis. During the study period, we collected approximately 3500 DNA samples. Using genome-wide association study,approximately 550 thousands of SNPs were investigated and we found 4 single nucleotide polimorphisms(SNP) that were related to the onset of scoliosis and 2 SNPs related to the progression of the curve. The 4 SNPS related to the onset of scoliosis were located closely to genes, LBX1, GPR 126, PAX1 and gene X. The 2 SNPs related to the progression of the curve were located closely to SOX9, KCNJ2, and Gene X. Using these genes, predictive models for the onset and progression of adolescent idiopathic scoliosis can be developed.
 
目次

 
キーワード
特発性側弯症  

遺伝子  

進行予測  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2012~2014
課題番号 : 24390357
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2016 10:29:33  
作成日
Apr 11, 2016 10:29:33  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース