慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23593257seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23593257seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :297.5 KB
Last updated :Apr 8, 2016
Downloads : 319

Total downloads since Apr 8, 2016 : 319
 
タイトル
タイトル 自宅で経口化学療法を続ける患者の服薬の実態解明と安全、確実な服薬支援モデル開発  
カナ ジタク デ ケイコウ カガク リョウホウ オ ツズケル カンジャ ノ フクヤク ノ ジッタイ カイメイ ト アンゼン, カクジツナ フクヤク シエン モデル カイハツ  
ローマ字 Jitaku de keiko kagaku ryoho o tsuzukeru kanja no fukuyaku no jittai kaimei to anzen, kakujitsuna fukuyaku shien moderu kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of a medication taking support model for the patients receiving oral anticancer agents  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 矢ヶ崎, 香  
カナ ヤガサキ, カオリ  
ローマ字 Yagasaki, Kaori  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80459247

名前 小松, 浩子  
カナ コマツ, ヒロコ  
ローマ字 Komatsu, Hiroko  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60158300

名前 伊藤, 和弘  
カナ イトウ, カズヒロ  
ローマ字 Ito, Kazuhiro  
所属 聖路加国際大学・看護学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80184646
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
 
URI
 
JaLCDOI
 
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 自宅で経口化学療法薬を受ける患者が安全かつ確実な治療の継続を支援するための服薬支援モデルの開発を目的とした。2つの質的研究の結果, 進行胃がん患者は経口抗がん薬治療に対して内的葛藤(Inner conflict in patients with cancer)が生じていた。そしてこのような経口抗がん薬治療を受ける患者を支援する看護師には「看護のプレゼンス(Nursing presence)」が重要であることが示された。これらの結果からpatient-centered careにおけるpatient adherence支援モデルが構造化され, その重要性が明らかになった。
The purpose of this study is to develop a medication taking support model for the patients receiving oral anticancer agents. In this study, two qualitative studies were conducted. As the result, this study made it clear that patients with cancer experienced inner conflict between rational belief and emotional resistance to taking the medication. Another study revealed a compelling need for nursing presence in oral chemotherapy. In their partnership with patients, nurses should be attentive, connect with patients, elicit patients' unmet needs, and provide committed patient support. Rather than traditional reactive approach, proactive patient care is required. From these results, the importance of supporting patient adherence in patient-centered care was revealed.
 
目次

 
キーワード
経口抗がん薬  

アドヒアランス  

服薬支援  

質的研究  

がん患者  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23593257
研究分野 : がん看護
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 08, 2016 16:56:03  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:03  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (312) 1st
2位 アフリカ社会主義... (254)
3位 測位衛星を用いた... (168)
4位 アルコール発酵の... (159)
5位 イギリスの対独「... (156)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 中和滴定と酸塩基... (370) 1st
2位 Name authority d... (283)
3位 アセトアニリドの... (276)
4位 アルコール発酵の... (223)
5位 ナイロン66のATR... (218)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース