慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23560539seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23560539seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :96.1 KB
Last updated :Dec 11, 2014
Downloads : 860

Total downloads since Dec 11, 2014 : 860
 
タイトル
タイトル 拡張極値制御方式の確立とエンジンパワートレインへの応用  
カナ カクチョウキョクチ セイギョ ホウシキ ノ カクリツ ト エンジン パワー トレイン エノ オウヨウ  
ローマ字 Kakucho kyokuchi seigyo hoshiki no kakuritsu to enjin pawa torein eno oyo  
別タイトル
名前 Modified extremum seeking control and its application for engine power train  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 大森, 浩充  
カナ オオモリ, ヒロミツ  
ローマ字 Omori, Hiromitsu  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90203942
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2013  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
(1)エンジンシフトを含む単気筒エンジンMLDモデルをMAPLE上に作成した。(2)NN学習制御則のシミュレーションを行ったが、中間層、NNタイプを変化させても、良い制御性能を得ることができなかった。(3)切換型(ゲインスケジューリング)PID制御のシミュレーションを行った。公称的結果が得られたが、事前にスケジュール点選択と精度の良いパラメータチューニングが必要であることが判明した。(4)拡張極値制御理論(内部モデル利用、時間積分誤差利用、フィードバック可変ゲイン利用)の理論的検討を行った。(5)(4)の制御系を構成した。路面変化のある場合にでも(3)の結果よりも制動距離短縮することができた。
(1) The MLD model of the single-cylinder engine including the engine shift is constructed on MAPLE. (2) Simulated NN-Learning law is applied for the MDL model, but it was not able to get good control performance even if changed the middle class and an NN type in various ways. (3) Simulated the switching type (gain scheduling) PID control, and a result is provided an ordinary performance, but it became clear that schedule point choice and good PID parameter tuning of the precision were necessary beforehand. (4) Performed the theoretical examination of the modified extreme seeking control theory (including the internal model use, the time integral calculus error use, and the feedback variable gain use). (5) When constituted (4) with control system, and there was the road surface change, depending was able to shorten braking distance as a result in (3).
 
目次

 
キーワード
制御工学  

極値制御  

パワートレイン  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)
研究期間 : 2011~2013
課題番号 : 23560539
研究分野 : 工学
科研費の分科・細目 : 電気電子工学・制御工学
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 11, 2014 11:32:09  
作成日
Dec 11, 2014 11:32:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2013年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース