慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_23300364seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_23300364seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :185.7 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 584

Total downloads since Jul 30, 2019 : 584
 
タイトル
タイトル 抗がん剤およびがん分子標的薬に対する治療抵抗性および薬剤反応性の分子機構  
カナ コウガンザイ オヨビ ガン ブンシ ヒョウテキヤク ニ タイスル チリョウ テイコウセイ オヨビ ヤクザイ ハンノウセイ ノ ブンシ キコウ  
ローマ字 Koganzai oyobi gan bunshi hyotekiyaku ni taisuru chiryo teikosei oyobi yakuzai hannosei no bunshi kiko  
別タイトル
名前 Molecular mechanism on the drug resistance and responsiveness against anticancer agents and molecular-target agents  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉本, 芳一  
カナ スギモト, ヨシカズ  
ローマ字 Sugimoto, Yoshikazu  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10179161  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2014  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究の主な成果は以下の通りである。(1) ABCB5がドセタキセルなどの抗がん剤を細胞外に排出するトランスポーターであることを示した。(2) FBXO15とUBE2R1がP-糖タンパク質のユビキチン化と分解に働くことを示した。(3) タンパク質脱リン酸化酵素のPP5-PPP2R3C複合体がP-糖タンパク質の発現を負に制御していることを示した。(4) 新規BCRP阻害薬が, 動物実験でBCRP発現ヒト大腸がんに対するイリノテカンの抗腫瘍効果を増強することを示した。
The main results of this research project are as follows : (1) The ABCB5 transfectants showed resistance to various anti-cancer agents including docetaxel. Cellular uptake of radiolabeled docetaxel in the transfectants was lower than that in the parental cells, suggesting that ABCB5 mediates the efflux of these anticancer agents. (2) Ubiquitin E3 ligase FBXO15 and ubiquitin-conjugating enzyme UBE2R1 cooperatively ubiquitinated P-glycoprotein and promoted its degradation. (3) Protein phosphatase complex PP5/PPP2R3C negatively regulated the expression and function of P-glycoprotein. (4) A novel acrylonitrile derivative enhanced the antitumor activity of CPT-11 in a xenograft model of BCRP-expressing human colon cancer without a remarkable increase in body weight loss.
 
目次

 
キーワード
ABCトランスポーター  

ABCB1  

ABCG2  

ABCB5  

P-糖タンパク質  

BCRP  

抗がん剤耐性  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)
研究期間 : 2011~2014
課題番号 : 23300364
研究分野 : 分子細胞生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 13:23:15  
作成日
Apr 08, 2016 16:56:01  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,抄録 内容,アクセス条件 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2014年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 マルティン・ルタ... (689) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (506)
3位 日本におけるスペ... (389)
4位 宋元刊両唐書およ... (377)
5位 新自由主義に抗す... (365)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (887) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (758)
3位 宋元刊両唐書およ... (749)
4位 新参ファンと古参... (603)
5位 アルコール蒸留の... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース