慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K16063seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K16063seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :464.9 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 20

Total downloads since Oct 31, 2019 : 20
 
タイトル
タイトル 喫煙誘導マウスモデルにおける肺がん発生機序  
カナ キツエン ユウドウ マウス モデル ニ オケル ハイガン ハッセイ キジョ  
ローマ字 Kitsuen yūdō mausu moderu ni okeru haigan hassei kijo  
別タイトル
名前 Mechanism of lung tumorigenesis in smoke exposure mouse model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 中鉢, 正太郎  
カナ チュウバチ, ショウタロウ  
ローマ字 Chūbachi, Shōtarō  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90464867  

名前 亀山, 直史  
カナ カメヤマ, ナオフミ  
ローマ字 Kaymeyama, Naofumi  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
喫煙による発癌と気腫発生の双方に関わる機序は未解明であり、肺癌と肺気腫の両病態を同時に評価可能な動物モデルは存在しなかった。我々は、A/Jマウスに対して発癌誘導物質であるNNKを投与後にタバコ煙曝露を間歇的に行い、喫煙誘導性に肺癌と肺気腫が生じるモデルを作製した。間歇曝露群では、3か月間の連続曝露群に比し、肺腺癌の形成が促進し、肺気腫も進行した。さらに、間歇タバ コ煙曝露により形成された肺腺癌では、癌内部と周囲にM2マクロファージが局在していた。本研究結果は気腫を背景肺とした肺癌の予防薬・治療の検討に有用な動物モデルを供するものと考える。
The mechanisms involved in smoke-induced tumorigenesis and emphysema are not fully understood, attributable to a lack of appropriate animal models. Here, we optimized a model of intermittent cigarette smoke induced lung cancer and emphysema in A/J mice treated with NNK, a potent carcinogen. Intermittent CS exposure increased the severity of emphysema and resulted in a higher incidence of adenocarcinomas. Furthermore, intermittent CS exposure elicited a marked increase in M2-polarized macrophages within and near the developed tumors. This model is also suitable for screening putative chemo-preventive agents, and serves as a therapeutic intervention that mimics progressive human lung cancer with emphysema in smokers.
 
目次

 
キーワード
COPD  

肺気腫  

肺癌  

マウス  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K16063
研究分野 : 呼吸器内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:10:57  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース