慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K15625seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K15625seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :150.7 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 18

Total downloads since Oct 31, 2019 : 18
 
タイトル
タイトル 4回膜貫通タンパク質Tspan18を介した血管形成機能の解明  
カナ 4カイ マク カンツウ タンパクシツ Tspan18 オ カイシタ ケッカン ケイセイ キノウ ノ カイメイ  
ローマ字 4kai maku kantsū tanpakushitsu Tspan18 o kaishita kekkan keisei kinō no kaimei  
別タイトル
名前 Mechanistic elucidation of angiogenesis mediated by Tspan18  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田井, 育江  
カナ タイ, イクエ  
ローマ字 Tai, Ikue  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90749508  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
4回膜貫通タンパク質Tspan18を血管内皮細胞において欠損するマウスが血管発生に異常を示す機構を明らかにするため、Tspan18とVEGF受容体との結合を評価し、酵素的切断により生じるVEGFR2の130kDaおよび75kDaの断片がTspan18と結合することを明らかにした。また、130kDa断片の産生はメタロプロテアーゼ阻害剤により阻害されること、および、Tspan18をノックダウンした血管内皮細胞では2つの断片のターンオーバーが変化することを見出した。Tspan18欠損マウスに腫瘍を移植して形成される腫瘍血管は、正常血管に近い性質を示し、腫瘍血管で通常見られる出血が見られなかった。
Tspan18-dificient mice show abnormality in retinal vascular development. To understand how this phenotype is induced, binding of Tspan18 to VEGFRs was evaluated by co-immunoprecipitation assay. As a result, binding of Tspan18 to proteolytic fragments of VEGFR2, 130-kDa and 75-kDa fragments, was detected. Experiments using protease inhibitors showed that metalloprotease is necessary for the production of the 130-kDa fragment. Furthermore, it was shown that knockdown of Tspan18 in blood endothelial cells results in a shift in turnover of the fragments, including enhanced production of 130-kDa fragment and delayed production of 75-kDa fragment after VEGF treatment. Tumor blood vessels in Tspan18-deficient mice showed normalization of vascular structure, including absence of hemorrhage.
 
目次

 
キーワード
VEGF受容体  

angiogenesis  

Tetraspanin18  

VEGFR2  

shedding  

血管新生  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K15625
研究分野 : 血管生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:10:56  
作成日
Oct 31, 2019 11:10:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース