慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_17K14957seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_17K14957seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.9 MB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 10

Total downloads since Oct 31, 2019 : 10
 
タイトル
タイトル 神経変性疾患における超早期タンパク蓄積寄与因子の解明  
カナ シンケイ ヘンセイ シッカン ニ オケル チョウソウキ タンパク チクセキ キヨ インシ ノ カイメイ  
ローマ字 Shinkei hensei shikkan ni okeru chōsōki tanpaku chikuseki kiyo inshi no kaimei  
別タイトル
名前 Elucidation of factors contributing to protein accumulation at early stage of neurodegenerative diseases  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小林, 玲央奈  
カナ コバヤシ, レオナ  
ローマ字 Kobayashi, Reona  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・訪問研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40784062  

名前 岡野, 栄之  
カナ オカノ, ヒデユキ  
ローマ字 Okano, Hideyuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、タンパク質凝集体形成に至る一連のメカニズムを解明するアプローチとしてマーモセット嗅球をツールとしたタンパク蓄積過程の追跡を計画した。申請者の先行研究で明らかになった、マーモセット嗅球において一定の年齢を超えると短期間にシヌクレイン凝集体が形成される現象に着眼した。凝集前・後のマーモセット嗅球を収集し、片側の嗅球を免疫染色により組織解析、片側をプロテオーム解析に使用した。プロテオーム解析により、凝集直前からプロテアソームの構成タンパク質の発現が大きく変化していることが明らかになった。その他、ミトコンドリアの構成タンパクやSOD1などの細胞内ストレス軽減因子の変化を認めた。
In this study, we planned to follow the protein accumulation process using the marmoset olfactory bulb as a tool to clarify the sequence of mechanisms leading to the formation of protein aggregates. We focused on the phenomenon that α-synuclein aggregates were formed in the marmoset olfactory bulb in a short period of time after a certain age, which was clarified in our previous study. Marmoset olfactory bulbs (before and after aggregation) were collected and one olfactory bulb was used for tissue analysis by immunostaining and the other for proteomic analysis. Proteome analysis revealed significant changes in the expression of proteasome components immediately before aggregation. In addition, changes in mitochondrial constitutive proteins and intracellular stress-reducing factors such as SOD1 were observed.
 
目次

 
キーワード
α-synuclein  

嗅球  

マーモセット  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2017~2018
課題番号 : 17K14957
研究分野 : 神経科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:40:56  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:11  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース