慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K19165seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K19165seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :77.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 15

Total downloads since Oct 31, 2019 : 15
 
タイトル
タイトル 腸管におけるIFNg産生性CD8T細胞の誘導機構解明  
カナ チョウカン ニ オケル IFNg サンセイセイ CD8T サイボウ ノ ユウドウ キコウ カイメイ  
ローマ字 Chōkan ni okeru IFNg sanseisei CD8T saibō no yūdō kikō kaimei  
別タイトル
名前 Understanding of the mechanism for inducing IFNgamma-producing CD8T cells in the gut  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田之上, 大  
カナ タノウエ, タケシ  
ローマ字 Tanoue, Takeshi  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60732972  

名前 須田, 亙  
カナ スダ, ワタル  
ローマ字 Suda, Wataru  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究において通常環境下で飼育したSPFマウスの腸管にはインターフェロンガンマ (IFNγ)を産生するCD8T細胞が多く局在し、それが腸内細菌によって誘導されることを見出した。というのも、IFNγ産生CD8T細胞数は無菌マウスならびに抗生剤投与マウスで著しく少なく、無菌マウスにSPFマウス便の菌叢を定着させると誘導が認められる。また、マウスの飼育施設や同居実験の結果から特定の腸内細菌種がその誘導に関与することが明らかとなった。
In this study, we found that interferon-gamma; (IFNγ)-producing CD8+ T cells were highly abundant in the intestine of specific pathogen-free (SPF) mice and which were driven by microbiota. This is because IFNγ+CD8+ T cells were severly depleted in germ-free (GF) mice and SPF mice treated with antibiotics-mixture, and we could see the induction by oral inoculation of GF mice with SPF feces. Specific members of microbiota were corresponded to induce IFNγ+CD8+ T cell since the relative abundance of this cell population in SPF mice varied with housing conditions, and co-housing resulted in all mice ultimately displaying a high-frequency phenotype. Using our bacterial isolate which robustly induce IFNγ+CD8+ T cells in intestines, repetitive administrations of the mixture enhanced host resistance against Listeria monocytogenes infection.
 
目次

 
キーワード
Microbiota  

CD8T  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K19165
研究分野 : 腸内細菌学, 免疫学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:07  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:07  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース