慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K13701seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K13701seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :528.0 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 34

Total downloads since Nov 12, 2018 : 34
 
タイトル
タイトル 偏光コム分光法の創出  
カナ ヘンコウ コム ブンコウホウ ノ ソウシュツ  
ローマ字 Henkō komu bunkōhō no sōshutsu  
別タイトル
名前 Development of the polarization-sensitive dual comb spectroscopy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡邉, 紳一  
カナ ワタナベ, シンイチ  
ローマ字 Watanabe, Shinichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10376535  

名前 稲場, 肇  
カナ イナバ, ハジメ  
ローマ字 Inaba, Hajime  
所属 国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究グループ長  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70356492  

名前 大久保, 章  
カナ オオクボ, ショウ  
ローマ字 Okubo, Sho  
所属 国立研究開発法人産業技術総合研究所・研究員  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30635800  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究課題では高速・高精度近赤外デュアルコム偏光分光計測装置の開発を行った。特に, 研究代表者オリジナルのアイディアとして, デュアルコム分光装置と回転補償子を組み合わせることによって「デュアルコム信号の間に偏光情報をのせた新しいコムラインを作る」という手法を提案し, その装置開発を進めた。開発の結果, 光周波数コム光源を構成する一つ一つの光周波数成分について, その偏光情報を決定することに成功した。また, 計測の不確かさを小さくするための計測法・解析法の提案を行い, その評価を行った。さらに光周波数コムの開発環境を整え, 今後の応用展開への足がかりを築いた。
In this project, we developed a high speed, high precision polarization-sensitive dual comb spectroscopy system in the near infrared spectral region. We proposed the original idea of the system as a combination of dual-comb spectroscopy and rotating compensator polarimetry to generate new com lines with polarization information as the frequency sidebands of each comb tooth. We constructed the system and succeeded in determining the polarization information for each optical frequency component constituting the optical frequency comb light source. We also proposed a measurement method and an analysis method to reduce measurement uncertainty. Furthermore, we constructed the original system for future application of the proposed polarization-sensitive dual comb spectroscopy.
 
目次

 
キーワード
光周波数コム  

デュアルコム分光法  

ファイバーレーザー  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2016~2017
課題番号 : 16K13701
研究分野 : 光物性物理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:00  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース