慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K10223seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K10223seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :440.2 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 15

Total downloads since Oct 31, 2019 : 15
 
タイトル
タイトル 自覚的認知機能低下患者における臨床的アルツハイマー病発症前診断法に関する検討  
カナ ジカクテキ ニンチ キノウ テイカ カンジャ ニ オケル リンショウテキ アルツハイマービョウ ハッショウゼン シンダンホウ ニ カンスル ケントウ  
ローマ字 Jikakuteki ninchi kinō teika kanja ni okeru rinshōteki arutsuhaimābyō hasshōzen shindanhō ni kansuru kentō  
別タイトル
名前 Clinical evaluation of preclinical Alzheimer's disease in patients with subjective cognitive decline  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田渕, 肇  
カナ タブチ, ハジメ  
ローマ字 Tabuchi, Hajime  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 10286578  
publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では、認知機能が正常な自覚的認知機能低下高齢者において、アミロイドPET 陽性群と陰性群ではおおむね神経心理学的検査上の差はないが、論理性記憶検査の遅延再生課題の結果では陽性群で成績に低下傾向があることがわかった。また、もの忘れの自覚の程度は抑うつ気分・不安や神経心理学的検査の結果とは関係しないが、アミロイド陰性群ではもの忘れの自覚の程度が言語の流暢性の低下や意欲低下と相関することを確認した。さらにアミロイドPETの結果告知は、陽性・陰性と告知された両群で、告知直後・半年 後・1年後においても評価尺度に有意な変化はみられず、不安や抑うつを増悪させないことが示された。
The present study found that Aβ accumulation in cognitively normal research participants with subjective cognitive decline (SCD) might be predicted by the score change from immediate recall to delayed recall of the logical memory, whereas no significant differences were observed between Aβ-positive and negative SCD groups. Also, subjective memory decline correlated with verbal fluency and amotivation in Aβ-negative individuals with SCD.  Disclosing amyloid status to SCD did not cause significant long-term psychological risks. However, our findings suggested that those who fill criteria of SCD will include a possible high-risk subgroup for exacerbated distress after learning their negative amyloid PET results. Participants with high levels of anxiety before enrolment were more likely to have test-related distress one year after learning their amyloid negative results.
 
目次

 
キーワード
自覚的認知機能低下  

アミロイドPET  

神経心理学的検査  

告知  

アルツハイマー型認知症  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K10223
研究分野 : 老年精神医学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:11:05  
作成日
Oct 31, 2019 11:11:05  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース