慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16K09326seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16K09326seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :207.6 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 47

Total downloads since Oct 31, 2019 : 47
 
タイトル
タイトル インドール含有青黛生薬の炎症制御機序解明および大腸癌抑制効果の検証  
カナ インドール ガンユウ セイタイ ショウヤク ノ エンショウ セイギョ キジョ カイメイ オヨビ ダイチョウガン ヨクセイ コウカ ノ ケンショウ  
ローマ字 Indōru gan'yū seitai shōyaku no enshō seigyo kijo kaimei oyobi daichōgan yokusei kōka no kenshō  
別タイトル
名前 Investigation of the mechanisms for inhibitory effects on colonic inflammation and cancer of indigo naturalis including indole compounds  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 長沼, 誠  
カナ ナガヌマ, マコト  
ローマ字 Naganuma, Makoto  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00265810  

名前 金井, 隆典  
カナ カナイ, タカノリ  
ローマ字 Kanai, Takanori  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40245478  

名前 寺谷, 俊昭  
カナ テラタニ, トシアキ  
ローマ字 Teratani, Toshiaki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 水野, 慎大  
カナ ミズノ, シンタ  
ローマ字 Mizuno, Shinta  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究課題では、腸炎モデルおよび潰瘍性大腸炎において、青黛が容量依存性に腸炎抑制を有すること、また腸管上皮再生に関与するIL-22陽性細胞の割合およびmRNAレベルの発現亢進、およびFoxp3陽性細胞の増加が認められ、青黛の腸炎抑制効果に調節性T細胞が関与している可能性が示唆された。微生物相に対する青黛の有効性については、大腸炎モデルおよびUC患者における青黛治療によりifidobacteriumが有意に変化した。
また腸炎誘導大腸癌モデルを用いて青黛による大腸癌抑制効果が確認され、青黛が炎症抑制と非依存的に大腸癌腫瘍抑制効果を有することを明らかにした。
In this research subject, indigo naturalis has the control of enteritis in a dose-dependent manner in both mouse colitis model and patients with ulcerative colitis. The mechanisms of anti-inflammatory effect were associated with inducing IL-22 which repaired mucosal damage and the up-regulation regulatory T cells. For the efficacy of indigo naturalis on microbiota, the abundance of Bifidobacterium was significantly changed after treatment of indigo naturalis in colitis model and UC patients.
In addition, using the mouse model for colitis associated cancer, the inhibitory effect of indigo naturalis on colon cancer was confirmed, and it was revealed that indigo naturalis has an inhibitory effect on colitis associated cancers independently of inflammation suppression.
 
目次

 
キーワード
AhR  

リガンド  

生薬青黛  

潰瘍性大腸炎  

大腸癌  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16K09326
研究分野 : 消化器内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:17:43  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース