慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_16H05494seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_16H05494seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :82.8 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 20

Total downloads since Oct 31, 2019 : 20
 
タイトル
タイトル 遺伝子改変マウスを用いたマウス胎仔皮膚再生の解明  
カナ イデンシ カイヘン マウス オ モチイタ マウス タイシ ヒフ サイセイ ノ カイメイ  
ローマ字 Idenshi kaihen mausu o mochiita mausu taishi hifu saisei no kaimei  
別タイトル
名前 Mechanism of fetal skin regeneration  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 貴志, 和生  
カナ キシ, カズオ  
ローマ字 Kishi, Kazuo  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40224919  

名前 久保田, 義顕  
カナ クボタ, ヨシアキ  
ローマ字 Kubota, Yoshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50348687  

名前 荒牧, 典子  
カナ アラマキ, ノリコ  
ローマ字 Aramaki, Noriko  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80365311  

名前 岡部, 圭介  
カナ オカベ, ケイスケ  
ローマ字 Okabe, Keisuke  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50445350  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
マウス胎生13日までの胎仔に作成した創傷は、瘢痕を残すことなく完全に再生し、胎生15日以降に作成した創傷は、肌理は再生せず、また真皮が線維化し瘢痕を残して治癒する。創傷作成後の組織切片からレーザーマイクロダイセクションとマイクロアレイを用いて詳細に発現遺伝子の比較を行い、再生を促すあるいは瘢痕形成を起こさせる因子の絞り込みを行った。同時に皮膚が完全に再生するマウス胎生13日の創傷部位に特異的に発現が認められたtwist2のノックアウトマウスを購入し、飼育して繁殖させ、これらの妊娠マウスを使用し、胎生13日および胎生15日胎仔マウスに創傷を作成し、創傷作成後の創閉鎖、形態の変化を調べた。
Wounds created in the fetus until the embryonic day (E) 13 mouse embryo completely regenerates without leaving scars, wounds created after E15 fetus do not regenerate texture, and the dermis becomes fibrous and heals leaving scars and healing. From the tissue sections after wound preparation, the expression genes were compared in detail using laser microdissection and a microarray to narrow down factors that promote regeneration or cause scar formation. At the same time, the mouse completely regenerates the skin, and mice with twist2 specifically expressed at the wound site of E13 are purchased, and bred, and these pregnant mice are used. Wounds were created on E13 and E15 fetal mice, and changes in morphology were examined.
 
目次

 
キーワード
皮膚  

再生  

胎仔  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (B) (一般)
研究期間 : 2016~2018
課題番号 : 16H05494
研究分野 : 形成外科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 16:08:26  
作成日
Oct 31, 2019 11:01:04  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース