慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K20018seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K20018seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :632.7 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 222

Total downloads since Jul 30, 2019 : 222
 
タイトル
タイトル 健常日本人の三次元肩関節形態解析  
カナ ケンジョウ ニホンジン ノ サンジゲン カタカンセツ ケイタイ カイセキ  
ローマ字 Kenjo Nihonjin no sanjigen katakansetsu keitai kaiseki  
別タイトル
名前 Three-dimensional anthropometric analysis of the glenohumeral joint in a normal Japanese population  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松村, 昇  
カナ マツムラ, ノボル  
ローマ字 Matsumura, Noboru  
所属 慶應義塾大学・医学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70383859  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
健常肩関節の形態を評価した報告は数少なく, 特にアジア人を対象にした詳細な研究は未だなかった。本研究は健常日本人の肩関節形態をCT画像で調査および解析することにより, 関節置換および関節形成の治療成績向上に貢献することであった。
80名160肩の健常日本人に対して撮影された両側肩甲帯単純CT画像を三次元解析し, 肩甲骨および上腕骨のサイズおよび方向を評価した。男性・女性ともに値は比較的均一であったが, 過去の欧米における報告に比べて上腕骨頭および関節窩ともに全てのパラメーターが小さな値を示していた。このことより既存のインプラントでは日本人女性には対応しない可能性が示唆された。
An understanding of normal glenohumeral geometry is important for anatomical reconstruction in shoulder arthroplasty. Unfortunately, the details of the glenohumeral joint in Asian populations have not been sufficiently evaluated. The purpose of this study was to evaluate the 3-dimensional geometry of the glenohumeral joint in the normal Japanese population and to clarify its morphologic features. Anthropometric analysis of the glenohumeral joint was performed using computed tomography scans of 160 normal shoulders from healthy Japanese volunteers. The values of the glenohumeral dimensions were uniform in men and women. The glenohumeral size was well correlated between the 2 sides, and there were direct correlations among the heights, humeral length, humeral head size, and glenoid size. The present results would be useful to determine the size of implants and to improve the design of shoulder prostheses that reflect the normal anatomy of the Asian glenohumeral joint.
 
目次

 
キーワード
肩関節外科  

人工肩関節  

バイオメカニクス  

CT  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K20018
研究分野 : 整形外科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 14:55:33  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース