慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K19397seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K19397seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :464.5 KB
Last updated :Jul 29, 2019
Downloads : 83

Total downloads since Jul 29, 2019 : 83
 
タイトル
タイトル 統合失調症関連遺伝子Tspan18欠損による血管形成異常のメカニズムとその意義  
カナ トウゴウ シッチョウショウ カンレン イデンシ Tspan18 ケッソン ニ ヨル ケッカン ケイセイ イジョウ ノ メカニズム ト ソノ イギ  
ローマ字 Togo shitchosho kanren idenshi Tspan18 kesson ni yoru kekkan keisei ijo no mekanizumu to sono igi  
別タイトル
名前 Tetraspanins regulate the formation of mature blood vessels  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 田井, 育江  
カナ タイ, イクエ  
ローマ字 Tai, Ikue  
所属 慶應義塾大学・医学部・特別研究員(RPD)  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90749508  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Tetraspanin(Tspan)は4回膜貫通ドメインと2つの細胞外ループを持つ膜タンパク質であり, Tspanを介して様々な膜タンパク質が細胞膜上に集合し, 膜タンパク質の輸送やシグナル伝達を調節している。我々は, 網膜で発現している新規のTspanを見出し, 生後6日目のマウス網膜においてTspan18が動静脈および神経節細胞で発現していること, Tspan18lacZ/lacZマウスではコントロールマウスよりも網膜血管の伸びが悪く, 動静脈の本数が減少していることを見出した。Tspan18の結合候補因子を同定し, この因子のシグナル伝達をTspan18が調節していることが示唆された。
Tetraspanins (Tspans) are membrane-anchored molecules with 4 transmembrane regions, which promote clustering of other membranous proteins by forming "tetraspanin-enriched microdomain". Integrins and Immunoglobulin superfamily proteins have been identified as their binding proteins, and thus Tspans are thought to modulate the signal transduction associated with these molecules. However, the function of tetraspanins in vascular development has not been understood well. Here, we found some Tspans are expressed in endothelial cells, especially those in mature (arterial and venous) vessels. Conventional or endothelial-specific knockout of Tspan showed a significant reduction in the number of arterioles and venules and reduced radial vascular growth. In vitro data suggest that Tspan directly interacts with other membrane proteins involved in angiogenesis. Overall, Tspan might regulate the formation of arterioles and venules by clustering other membrane proteins.
 
目次

 
キーワード
網膜血管  

血管新生  

血管形成  

テトラスパニン  
NDC
 
注記
研究種目 : 若手研究(B)
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15K19397
研究分野 : 血管生物学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 29, 2019 11:11:01  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 29, 2019    著者,抄録 内容,ジャンル を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (396) 1st
2位 ロマン主義として... (364)
3位 日本におけるスペ... (352)
4位 歌舞伎における後... (312)
5位 『慈照院自歌合』... (288)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日本におけるスペ... (1435) 1st
2位 日本における赤痢... (465)
3位 モスクワオリンピ... (275)
4位 ジャニーズのアイ... (268)
5位 アルコール蒸留の... (243)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース