慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K15574seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K15574seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :387.5 KB
Last updated :Sep 2, 2019
Downloads : 47

Total downloads since Sep 2, 2019 : 47
 
タイトル
タイトル 疾患特異的iPS細胞を用いた悪性高熱症の発症機構の解明と新規診断法・治療法の開発  
カナ シッカン トクイテキ iPS サイボウ オ モチイタ アクセイ コウネツショウ ノ ハツショウ キコウ ノ カイメイ ト シンキ シンダンホウ・チリョウホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Shikkan tokuiteki iPS saibō o mochiita akusei kōnetsushō no hatsushō kikō no kaimei to shinki shindanhō chiryōhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 In vitro disease modeling of malignant hyperthermia using patient-derived iPS cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 森崎, 浩  
カナ モリサキ, ヒロシ  
ローマ字 Morisaki, Hiroshi  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60182226  

名前 岡野, 栄之  
カナ オカノ, ヒデユキ  
ローマ字 Okano, Hideyuki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60160694  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
悪性高熱症(MH)は, 全身麻酔時の重篤な合併症のひとつで全身麻酔に伴い発熱・筋硬直・不整脈・代謝性アシドーシスが生じる。原因は骨格筋小胞体からのCa2+放出亢進と考えられている。本研究ではMH既往患者のうち特にI型リアノジン受容体遺伝子(RYR1)に変異を有する患者からiPS細胞を作出し, 骨格筋への選択的な分化誘導を行った。その結果, 一部の疾患株で筋収縮様の変態が確認できた。さらに培養上清の乳酸値も高く細胞の異常代謝が示唆された。また, 抗RYR1抗体を用いて免疫染色したところ, 顆粒状のシグナルが細胞内に散見された。本研究により, MHの新規細胞モデルを提唱できる可能性を示した。
Malignant hyperthermia (MH), is a type of severe reaction that occurs to particular medications used during anesthesia. Symptoms include muscle rigidity, high fever, a fast heart rate, and mixed acidosis. In a large proportion of cases, the propensity for MH is due to a mutation of the type I ryanodine receptor (RYR1), located on the sarcoplasmic reticulum. RYR1 opens in response to increases in intracellular Ca2+ level mediated by L-type calcium channels, thereby resulting in a drastic increase in intracellular calcium levels and muscle contraction. Here, we generated MH iPS cells from blood cells of the patients who have RYR1 gene mutation. MH iPS cells were successfully differentiated into skeletal muscle cells. Several patient cells exhibited muscle rigidity-like alteration and high concentration of lactate in the culture supernatant. Also accumulated RYR1 puncta were detected in the patient muscle cells. These findings can propose a new cellular model of MH.
 
目次

 
キーワード
悪性高熱症  

iPS細胞  

興奮性神経細胞  

Neurogenin2  

麻酔薬  

カルシウムイメージング  
NDC
 
注記
研究種目 : 挑戦的萌芽研究
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K15574
研究分野 : 医歯薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 02, 2019 10:12:12  
作成日
Nov 12, 2018 15:23:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Sep 2, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース