慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K10762seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K10762seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :323.4 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 13

Total downloads since Oct 31, 2019 : 13
 
タイトル
タイトル 内耳ドラッグ・デリバリー・システムの解析  
カナ ナイジ ドラッグ・デリバリー・システム ノ カイセキ  
ローマ字 Naiji doraggu deribarī shisutemu no kaiseki  
別タイトル
名前 Analysis of inner ear drug delivery system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 神崎, 晶  
カナ カンザキ, ショウ  
ローマ字 Kanzaki, Shō  
所属 慶應義塾大学・医学部 (信濃町) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50286556  

名前 藤岡, 正人  
カナ フジオカ, マサト  
ローマ字 Fujioka, Masato  
所属 慶應義塾大学・医学部・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70398626  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
新しいin vivo imaging systemとGFAP-Luc マウスを用いて、薬物動態を解析した。局所投与と全身 (静脈) 投与のそれぞれの単独投与群と局所と全身投与の併用群で薬物動態を観察比較した。そこで得られたシグナルのピークは、全身投与後よりも局所注入 (鼓室内投与) で早くみとめられた。局所投与のみ (TT-left) 群と比較して全身投与 (静脈注射) と局所投与併用 (CT-left) 群でtotal photon counts ならびにAUCは有意に増加していた。すなわち、内耳に取り込まれた総量は併用群で最も多く、次いで局所投与のみ群、静脈投与群の順であった。
We used a new in vivo imaging system to compare the pharmacokinetics of combined therapy (CT), with intravenous (IV) or transtympanic (TT) injection alone in both ears of transgenic GFAP-Luc mice. Biological half-life, total photon counts and the area under the curve (AUC) value significantly increased after CT. However, adding IV to TT injection cannot strengthen
the peak photon of the drug in the inner ear. In addition, the volume of total photon count and AUC value of CT-left ear are larger than the combined volume of TT-left ear and IV-left ear, suggesting a synergistic effect, and those of CT-right ear are almost equal to the summation of those of IV-right group and TT-right group, suggesting no amplifying effect on the risk of systemic side effect. This study showed that CT could deliver more drugs into the inner ear, and brought a longer therapeutic window, and were more effective than intravenous or transtympanic injection alone in the pharmacokinetics.
 
目次

 
キーワード
内耳  

薬物動態  

局所投与  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15K10762
研究分野 : 耳鼻咽喉科
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 15:53:48  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース