慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09273seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09273seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :87.2 KB
Last updated :Aug 1, 2019
Downloads : 72

Total downloads since Aug 1, 2019 : 72
 
タイトル
タイトル 尿細管細胞の再生またはEMTを決定するマスター制御因子の解明  
カナ ニョウサイカン サイボウ ノ サイセイ マタワ EMT オ ケッテイスル マスター セイギョ インシ ノ カイメイ  
ローマ字 Nyōsaikan saibō no saisei matawa EMT o ketteisuru masutā seigyo inshi no kaimei  
別タイトル
名前 Master regulatory factors for regeneration and EMT of kidney tubular cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 門川, 俊明  
カナ モンカワ, トシアキ  
ローマ字 Monkawa, Toshiaki  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80286484  

名前 洪, 実  
カナ コウ, ミノル  
ローマ字 Ko, Minoru  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50631199  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
TF-inducible hESバンクを用いた遺伝子発現比較解析から, 腎臓前駆細胞への分化誘導にかかわる転写因子を同定した。4つの転写因子を合成mRNAの形でヒトES細胞に遺伝子導入し, さらに別の4因子を2日間添加し3次元培養を行う事で, 分化誘導開始後14日目に足細胞, 近位尿細管細胞, 遠位尿細管細胞の特徴を有した, ネフロン様構造を有する腎オルガノイドを分化誘導できた。
miR-363をヒト尿細管細胞株(HKC-8)に過剰発現する実験を通して, miR-363によるヒト尿細管細胞におけるEMTの誘導は, TWIST/canonical WNT pathwayの発現上昇を介していると結論づけた。
Based on in-silico analysis, we have identified the first set of four transcription factors to enhance the differentiation from hPSCs into SIX2+SALL1+ nephron progenitor cells (NPCs) with 92% efficiency within 2 days of reprogramming. The second set of four transcription factors converted SIX2+ NPCs into kidney organoids which contain multi-segmented nephron structures with characteristics of podocytes, proximal and distal tubules on day 14. This novel method using synthetic mRNAs might provide safe cellular sources without genome modifications for kidney regenerative therapies as wells as for disease modeling and drug screening in vitro.
Overexpression of miR-363 induced mesenchymal phenotypes with loss of epithelial phenotypes in human kidney tubular HKC-8 cells. We identified TWIST/canonical WNT pathway as the downstream effecter of miR-363, and inhibition of canonical WNT by small molecule, IWR-1, attenuated EMT induced by miR-363.
 
目次

 
キーワード
ES細胞  

iPS細胞  

腎臓尿細管  

miRNA  

転写因子  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09273
研究分野 : 腎臓内科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 01, 2019 15:09:57  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 1, 2019    版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース