慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K09061seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K09061seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :219.4 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 30

Total downloads since Nov 12, 2018 : 30
 
タイトル
タイトル 内視鏡と腹腔鏡による新しい胃癌低侵襲手術の確立とその妥当性の検討  
カナ ナイシキョウ ト フククウキョウ ニ ヨル アタラシイ イガン テイシンシュウ シュジュツ ノ カクリツ ト ソノ ダトウセイ ノ ケントウ  
ローマ字 Naishikyō to fukukūkyō ni yoru atarashii igan teishinshū shujutsu no kakuritsu to sono datōsei no kentō  
別タイトル
名前 Development of novel minimally-invasive surgery for gastric cancer using endoscopy and laparoscopy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 後藤, 修  
カナ ゴトウ, オサム  
ローマ字 Goto, Osamu  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00589658  

名前 竹内, 裕也  
カナ タケウチ, ヒロヤ  
ローマ字 Takeuchi, Hiroya  
所属 浜松医科大学・医学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 20265838  

名前 佐谷, 秀行  
カナ サヤ, ヒデユキ  
ローマ字 Saya, Hideyuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 大島, 正伸  
カナ オオシマ, マサノブ  
ローマ字 Oshima, Masanobu  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  

名前 野原, 京子  
カナ ノハラ, キョウコ  
ローマ字 Nohara, Kyoko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
非穿孔式内視鏡的胃壁内反切除術(NEWS)+センチネルリンパ節ナビゲーション手術(SNND)の妥当性を理論的に証明するために以下の研究を行った。①NEWS+SNNS計11例における治療成績を解析した。全例において手技を完遂, 平均観察期間2.0年において全例無再発生存中であった。②内視鏡治療直後の早期胃癌検体表面を用いて捺印細胞診を行った結果, 癌幹細胞を含む癌細胞が接触により容易に遊離することが明らかとなった。③生体ブタを用いて内視鏡治療前後の胃リンパ流変化を検討した結果, 部位によってはリンパ流が改変される可能性があることが示唆された。④胃癌モデルマウスでは医原性性腹膜播種を認めなかった。
To investigate the usefulness of nonexposed endoscopic wall-inversion surgery (NEWS) with sentinel node navigation surgery (SNNS), the following studies were conducted. 1. In 11 cases of NEWS+SNNS, the procedure was completed in all cases, and 2 years' survival was quite favorable without recurrence. 2. Stump cytology on the surface of resected early gastric cancers revealed that cancerous cells were easily detached from the surface. 3. An in-vivo porcine study showed that the lymphatic flows of the stomach could be changeable after endoscopic resection according to the location of the lesion. 4. An animal study using gastric cancer model mice failed to demonstrate iatrogenic cancer cell seeding by opening the stomach with spontanesously developed gastric cancer.
 
目次

 
キーワード
胃癌  

低侵襲  

内視鏡  

腹腔鏡  

センチネルリンパ節  

縮小手術  

腹膜播種  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K09061
研究分野 : 医師薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:19  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:19  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (371) 1st
2位 日本におけるスペ... (365)
3位 ロマン主義として... (339)
4位 歌舞伎における後... (309)
5位 『慈照院自歌合』... (293)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1576) 1st
2位 日本におけるスペ... (1295)
3位 日本における赤痢... (384)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 モスクワオリンピ... (287)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース