慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K06150seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K06150seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :212.6 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 41

Total downloads since Nov 12, 2018 : 41
 
タイトル
タイトル 立体音響システムのための頭部伝達関数の多変数モデリングと制御  
カナ リッタイ オンキョウ システム ノ タメ ノ トウブ デンタツ カンスウ ノ タヘンスウ モデリング ト セイギョ  
ローマ字 Rittai onkyō shisutemu no tame no tōbu dentatsu kansū no tahensū moderingu to seigyo  
別タイトル
名前 Multivariable modeling of head-related transfer function and control systems design for three-dimensional sound system  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 足立, 修一  
カナ アダチ, シュウイチ  
ローマ字 Adachi, Shuichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40222624

名前 井上, 正樹  
カナ イノウエ, マサキ  
ローマ字 Inoue, Masaki  
所属 慶應義塾大学・理工学部・助教  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80725680
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
聴取者の前方や後方, 上下などのさまざまな方向からの音を再現する立体音響システムを実現するためには, 人間の頭部伝達関数を推定する必要がある。本研究では, 多変数システム同定理論を用いて, 頭部伝達関数を高精度に推定する方法について理論検討し, 実データを用いてその有効性を確認した。つぎに, 前方に設置された多数のスピーカを用いて, 立体音響を実現するトランスオーラルシステムの構築について検討した。
This study addresses transaural sound reproduction over loudspeakers, which is a virtual realization of a three-dimensional audio. In order to construct the three-dimensional audio, it is necessary to estimate head-related transfer functions (HRTFs) of the listener. First, an estimation method of HRTFs using multivariable system identification theory is proposed, and its effectiveness is examined using experimental data. Second, using the estimated HRTFs, a construction method of the transaural system for the three-dimensional audio is studied. In particular, a design method of a stable feedforward controller based on model matching is proposed. Finally, the effectiveness of the proposed method is examined through numerical simulations.
 
目次

 
キーワード
制御理論  

システム同定  

音響工学  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K06150
研究分野 : 工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:17  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:17  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース