慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20090930-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
PDF¥AN10079809-20090930-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :914.5 KB
Last updated :Dec 16, 2009
Downloads : 1448

Total downloads since Dec 16, 2009 : 1448
 
タイトル
タイトル Deposition onto Glass Surface of Two-dimensional Crystal Film of Streptavidin  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 ストレプトアビジン2次元結晶膜のガラス表面への転写固定  
カナ ストレプトアビジン 2ジゲン ケッショウマク ノ ガラス ヒョウメン エノ テンシャ コテイ  
ローマ字 Sutoreputoabijin 2jigen kesshomaku no garasu hyomen eno tensha kotei  
著者
名前 古野, 泰二  
カナ フルノ, タイジ  
ローマ字 Furuno, Taiji  
所属 慶應義塾大学医学部物理学教室  
所属(翻訳) Department of Physics, Hiyoshi Campus, Keio University School of Medicine  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳 The Hiyoshi review of the natural science  
 
46  
2009  
 
開始ページ 1  
終了ページ 11  
ISSN
09117237  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The two-dimensional (2D) crystal film of streptavidin (SA) prepared at the air/water interface had been transferred onto a hydrophobic surface of silicon wafer and studied by atomic force microscopy1). In the present study the deposition of this film onto glass coverslip has been examined. Annealing the glass coverslip at 525 ºC rendered the surface smoother and stabilized adhesion of the transferred film. The use of glass as substrate for protein immobilization has the advantage that an optical microscope can be used in transmission mode, and the fluorescence quenching which generally occurs for dyes locating near metal or semiconductor surfaces can be avoided2). Therefore, the 2D crystal film of SA deposited on glass would find wider applications than on silicon as the protein binding base using biotinylated proteins.
 
目次
1. Introduction
2. Experimental
2.1 Materials
2.2 Preparation and transfer of 2D crystal film of streptavidin
2.3 Thermal treatment of the glass coverslip
2.4 Atomic force microscopy
3. Results and Discussion
3.1 Surface roughness of glass coverslip, fused silica plate and silicon wafer
3.2 Deposition of PBLH/SA 2D crystal film onto thermally treated glass coverslip
3.3 Protein G/IgG assembly fabricated
 
キーワード
Streptavidin  

Biotin  

AFM  

Protein G  

IgG  

Protein Array  
NDC
 
注記
原著論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 16, 2009 09:00:00  
作成日
Dec 16, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 46 (2009)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (256) 1st
2位 デリダ歓待論にお... (185)
3位 新自由主義に抗す... (171)
4位 ロマン主義として... (158)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (147)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 渋沢栄一と朝鮮 :... (542) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (267)
3位 青いフラスコの実... (255)
4位 バドミントン・シ... (253)
5位 アセトアニリドの... (238)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース