慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10065043-20010531-0029  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10065043-20010531-0029.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Apr 27, 2007
Downloads : 2100

Total downloads since Apr 27, 2007 : 2100
 
タイトル
タイトル モーツァルトとホルンのハンド・ストップ音 : モーツァルトによるオーケストラ作品に見られるハンド・ストップ音とそれらが持つ意義  
カナ モーツァルト ト ホルン ノ ハンド ストップオン : モーツァルト ニヨル オーケストラ サクヒン ニ ミラレル ハンド ストップオン ト ソレラ ガ モツ イギ  
ローマ字 Motsaruto to horun no hando sutoppuon : Motsaruto niyoru okesutora sakuhin ni mirareru hando sutoppuon to sorera ga motsu igi  
別タイトル
名前 Hand-stopped notes in Mozart's orchestra works  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 明  
カナ イシイ, アキラ  
ローマ字 Ishii, Akira  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2001  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 人文科学  
翻訳  
 
16  
2001  
 
開始ページ 29  
終了ページ 55  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
401602  
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The history of the French horn as an orchestral instrument did not begin untilthe end of the seventeenth century. Because of its origin, the playing technique forthe instrument and the music written for it very much associated with hunting callsof the time. In addition to a rather limited amount of the hunting horn's availablenotes, orchestral horn players in the beginning of the eighteenth century borrowedthe trumpet's clarino technique, which utilizes high overtone partials in order to ob-tain more notes. By the end of the eighteenth century, however, a new playing tech-pique, where the player's right hand acts as various sized mutes and thus allowingfor full chromatic scales throughout the whole range of the French horn, saw its fullmaturity. Although Mozart wrote a number of solo pieces for those horn playerswho had capitalized the hand-stopping technique, he, just like any other composersof the time, called only for those notes that belong to the overtone partials in mostof his orchestral works. A small number of orchestral pieces, however, do containfew hand-stopped notes, of which many are in the passages where the horn istreated as a solo instrument. In addition, Mozart also utilized the hand-stopped notesin the context of the traditional horn parts. This paper seeks for possible motivationsfor Mozart to write hand-stopped notes in the places where he could have omittedthe stopped notes altogether or replaced them with the traditional open, non-stopped notes.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
 
作成日
Apr 27, 2007 13:32:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 人文科学 / 16 (2001)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (598) 1st
2位 日本におけるスペ... (355)
3位 ダイナミック・ケ... (313)
4位 ロマン主義として... (290)
5位 なぜEU法を学ぶべ... (181)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Instagram解析に... (1852) 1st
2位 刑法における因果... (1321)
3位 The Iliad of Hom... (1314)
4位 I know who you a... (1291)
5位 VARIABLES : a ga... (1276)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース