慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20161031-0025  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20161031-0025.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.0 MB
Last updated :Jun 19, 2017
Downloads : 35

Total downloads since Jun 19, 2017 : 35
 
タイトル
タイトル Communication issues in the L2 classroom  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 第二外国語クラスでのコミュニケーションの問題  
カナ ダイニ ガイコクゴ クラス デノ コミュニケーション ノ モンダイ  
ローマ字 Daini gaikokugo kurasu deno komyunikeshon no mondai  
著者
名前 Hynes, Martin K.  
カナ ハインズ, マーティン K.  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2016  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳 The Hiyoshi review of English studies  
 
68  
2016  
10  
開始ページ 25  
終了ページ 49  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
 
URI
 
JaLCDOI
 
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Poor communication between native English-speaking instructors and lowlevel language learners, can be a familiar feature of the Japanese classroom. From the observations of an English lesson, this paper will examine the reasons for this breakdown, arguing that a combination of factors were responsible. These included ; inter-cultural issues, low student motivation and the instructor's teaching methodology. Chapter 1 will describe the teaching context and provide a linguistic and ethnographic analysis of the opening exchanges between the lecturer and the learners. In chapter 2 this discourse will be examined in greater detail and reasons for the breakdown in communication discussed, focusing on such host-culture concepts as 'group' and 'individual face needs'. Chapter 3 will briefly examine different aspects of motivation from an educational perspective and give reasons for the students' apparent disinterest in learning English (herein L2). In the final chapter, a number of proposals are made, which it is hoped, could diminish the inter-cultural misunderstanding, enhance motivation and thus improve L2 acquisition.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 19, 2017 16:51:32  
作成日
Jun 19, 2017 16:51:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 68 (2016)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (223) 1st
2位 A sociolinguisti... (213)
3位 アフリカ社会主義... (183)
4位 中国の洪水神話に... (146)
5位 マルタ防衛協定更... (109)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Name authority d... (287) 1st
2位 ナイロン66のATR... (156)
3位 アルコール発酵の... (155)
4位 おところりん : ... (150)
5位 中和滴定と酸塩基... (140)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース