慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10005325-20050000-0341  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10005325-20050000-0341.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Nov 2, 2007
Downloads : 1599

Total downloads since Nov 2, 2007 : 1599
 
タイトル
タイトル 朝鮮王族義和宮留学と福沢諭吉  
カナ チョウセン オウゾク ギカズミヤ リュウガク ト フクザワ ユキチ  
ローマ字 Chosen ozoku Gikazumiya ryugaku to Fukuzawa Yukichi  
別タイトル
名前 Prince Uihwa's studies in the U.S.: the Prince of Korea and Fukuzawa Yukichi  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 都倉, 武之  
カナ トクラ, タケユキ  
ローマ字 Tokura, Takeyuki  
所属 武蔵野学院大学国際センター  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾福澤研究センター  
カナ ケイオウ ギジュク フクザワ ケンキュウ センター  
ローマ字 Keio gijuku Fukuzawa kenkyu senta  
日付
出版年(from:yyyy) 2005  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 近代日本研究  
翻訳 Bulletin of modern Japanese studies  
 
22  
2005  
 
開始ページ 341  
終了ページ 354  
ISSN
09114181  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
外務省外交史料館所蔵「韓国皇族義和宮及同国人李竣鋳等動静取調一件」と題する簿冊に、福沢諭吉書簡が二通収められている。そのうち一通は下書きも現存し、朝鮮国宮内府大臣宛書簡案文(一八九七〔明治三〇〕年五月二〇日付)として既に『福沢諭吉書簡集』第八巻に収められているが、もう一通は今回初めて紹介されるものである。これらの書簡は簿冊の表題にもある通り、朝鮮(九七年一〇月に大韓帝国と改称) の王族(同じく皇族と改称) 「義和宮」の動静に関するものである。「義和宮」という人物の略歴を示せば左の通りである。一八七七年三月生まれ。高宗国王の第五子で、側室張氏を母とし、名を李鋼という。九一年、義和君(日本では義和宮)に封じられ、一九〇〇年には義王(義親王)に昇封された。韓国併合後は、公族に列せられて「李燗公殿下」と称されたが、李太王が亡くなると、独立運動団体「大同団」の総裁に挙げられて密かに活動し、一九年一〇月上海臨時政府への参加を企てて満州安東で日本警察に拘束された(大同団事件)。三〇年六月には隠居させられ単に「李姻殿下」と呼ばれ、警察の監視下で生活したという。五五年八月、ソウルにおいて七十八歳で死去。生涯で十三男九女をもうけた。なお、上の兄が純宗として高宗の跡を継ぎ、子がなかったが、その後継者とされたのは李綱ではなく、弟の李根(英親王) であった。これは、青年期の素行に由来するとも宮中の勢力争いに由来するとも言われる。本稿では彼のことを「義和宮」と呼ぶこととしたい。福沢書簡は、二通とも九七年五月のものであるが、このとき義和宮は日本留学中であった。しかしそもそも同宮が日本に留学していた事実自体が欠落している歴史書も多く、複雑な政治状況の中で表舞台から追われていく義和宮の動向は、ほとんど明らかとなっていないのが現状である。福沢諭吉との関係も、十分な研究は行われていない。同宮が九五年一一月に来日した時、福沢は、時あたかも李朝政府との契約によって朝鮮人留学生を慶應義塾に多数受け入れていた。そのことが接点となって、同宮の世話にも手を貸すこととなり、のちには国王より同宮の監督を委託されることとなったものと思われ、それは同宮が米国に留学する九七年五月まで続いた。したがって、両者の関係を明らかにすることは、福沢の晩年における朝鮮問題への関与を明らかにする上で、重要な意味を持つものなのである。本稿は、義和宮の来日から米国留学に至る動きを可能な限り明らかにし、それらと福沢の関係について若干の考察を加えるものである。
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
福沢諭吉関係新資料紹介
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Dec 22, 2008 10:35:43  
作成日
Nov 02, 2007 13:06:24  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Dec 22, 2008    フリーキーワード, 翻訳 を変更
 
インデックス
/ Public / 福澤研究センター / 近代日本研究 / 22 (2005)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「劣等生からの謝... (383) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (358)
3位 中世イスラーム世... (339)
4位 新自由主義に抗す... (267)
5位 犯罪とわが国民性 (264)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 オリエンタル銀行... (186) 1st
2位 ODATE GAME : cha... (165)
3位 新自由主義に抗す... (160)
4位 ジャニーズのアイ... (143)
5位 一九三〇年代にお... (122)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース