top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN00234698-20040600-0027
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00234698-20040600-0027.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.5 MB
Last updated : Apr 20, 2007
Downloads : 2211

Total downloads since Apr 20, 2007 : 2211
URI
タイトル 中国シンセン・テクノセンターの経営・経済分析
別タイトル
Managerial and economic analyses for the “Shenzhen techno centre” in China
著者
中島, 隆信(Nakajima, Takanobu) 
慶應義塾大学商学部
中野, 諭(Nakano, Satoshi)
商学研究科博士課程
王, 婷婷(Wang, Tingting)
商学研究科博士課程
村主, 英俊(Suguri, Hidetoshi)
商学研究科博士課程
出版者 慶應義塾大学出版会
日付
出版年: 2004 - 
作成日
更新日
記録日
形態
上位タイトル
三田商学研究 (Mita business review). Vol.47, No.2  (2004. 6) ,p.27- 48
識別番号
ISSN
0544571X
DOI
URI
抄録 「シンセン・テクノセンター」は,新興工業国としての中国の台頭と大企業の海外進出という時代背景のもと,中国広東省シンセン市郊外に設立された日系中小・零細企業向けの賃貸式工業団地である。俗に中小企業の「駆け込み寺」などと称されることが多いが,テクノセンターは日本政府の出先機関でもなければ,NPOでもない。収益をあげ,株主に配当も行っている民間企業である。本論文では,このようなテクノセンターを中小企業の自立化,中国の労働市場,日本の中高年労働者の活用という3つの観点から分析している。その結果,テクノセンターが世界経済の大きな流れの中できわめて合理的な方法によって社会が必要とするサービスを提供してきたことがわかった。テクノセンターは,単なる「駆け込み寺」として,豊富な資金を持たない中小企業が市場の厳しさに耐えかねて駆け込むシェルターになっているわけではない。困難に直面した中小企業を救い,自立を助ける働きをするが,これは無償奉仕ではなく,テナント料を徴収し,利益を上げているのである。つまりテクノセンターも市場経済の一部であり,今後はこのような市場メカニズムに基づく弱者救済のしくみが望ましいといえるだろう。
キーワード
中国
シンセン・テクノセンター
中小企業の自立化
中国の労働市場
日本の中高年労働者の活用
NDC
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 47 (2004) / 47(2) 200406
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips