慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20170401-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20170401-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :454.4 KB
Last updated :Apr 2, 2018
Downloads : 470

Total downloads since Apr 2, 2018 : 470
 
タイトル
タイトル 取締役会における女性役員と企業パフォーマンスの関係  
カナ トリシマリヤクカイ ニ オケル ジョセイ ヤクイン ト キギョウ パフォーマンス ノ カンケイ  
ローマ字 Torishimariyakukai ni okeru josei yakuin to kigyo pafomansu no kankei  
別タイトル
名前 Does female representation in the board influence firm performance? : evidence from Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 新倉, 博明  
カナ ニイクラ, ヒロアキ  
ローマ字 Niikura, Hiroaki  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 瀬古, 美喜  
カナ セコ, ミキ  
ローマ字 Seko, Miki  
所属 慶應義塾大学名誉教授; 武蔵野大学経済学部  
所属(翻訳) Professor emeritus, Keio University; Faculty of Economics, Musashino University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
110  
1  
2017  
4  
開始ページ 1  
終了ページ 20  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は, 日本における女性役員の登用が, 企業業績に与える効果を分析する。分析は二つに分かれている。一つ目はパネルデータによって, 国内企業を対象に役員の性別多様性と業績の関係を, 内生性を考慮して分析するものである。二つ目はクロスセクション・データによって, 役員の専門性の多様化を指標化し, 業績に与える効果を性別による多様性と比較するものである。
分析の結果, 女性役員がいる企業は, 女性役員数の増加が業績を向上させる効果があることが一部認められた。さらに, 社外役員の専門性の多様化を示す指標は, 一定の値以降業績を向上させる効果があることが示唆された。
This study investigates the link between female representation in the board and firm performance in Japan. First, we examine the relation between firm performance, measured by Tobin's q, and female representation in the board through a panel data analysis. In some cases, we find positive relations between the fraction of women on the board and firm performance after controlling for numerous characteristics of the firm and direction of causality. Next, we compare the impact of bio-demographic gender diversity and taskrelated occupational diversity of the external directors of the board on firm performance in a cross-sectional data analysis. Based on Blau's index, we find a positive effect of occupational diversity on firm performance above a particular range.
 
目次

 
キーワード
女性役員  

企業業績  

多様性  

コーポレート・ガバナンス  

female board representation  

firm performance  

Japan  

diversity  

corporate governance  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 02, 2018 10:27:13  
作成日
Sep 12, 2017 16:57:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 2, 2018    本文,日付 更新日(yyyy-mm-dd),著者版フラグ を変更
Apr 2, 2018    著者 著者ID を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 110 (2017) / 110(1) 201704
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (238) 1st
2位 デリダ歓待論にお... (193)
3位 新自由主義に抗す... (177)
4位 ロマン主義として... (156)
5位 渋沢栄一と朝鮮 :... (153)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 渋沢栄一と朝鮮 :... (689) 1st
2位 バドミントン・シ... (259)
3位 青いフラスコの実... (223)
4位 ジャニーズのアイ... (186)
5位 アセトアニリドの... (181)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース