慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20140701-0033  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20140701-0033.pdf
Type :application/pdf Download
Size :522.2 KB
Last updated :Aug 3, 2015
Downloads : 384

Total downloads since Aug 3, 2015 : 384
 
タイトル
タイトル 大震災後の日本財政の課題  
カナ ダイシンサイゴ ノ ニホン ザイセイ ノ カダイ  
ローマ字 Daishinsaigo no Nihon zaisei no kadai  
別タイトル
名前 Fiscal agendas after the Great East Japan Earthquake  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 土居, 丈朗  
カナ ドイ, タケロウ  
ローマ字 Doi, Takero  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2014  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
107  
2  
2014  
7  
開始ページ 171(33)  
終了ページ 185(47)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
 
URI
 
JaLCDOI
 
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
東日本大震災後にわが国の財政が直面した課題を考察するとともに, その対応策を検討する。震災前から政府債務が累増し, 高齢化のさらなる進展により社会保障給付の増加が予想されるわが国の財政状況だが, 震災復興のための財政支出が急務である。震災復興と社会保障の財源確保と財政健全化を, それぞれ成し遂げられるような財政運営が求められる。そのためには, 公共インフラの復旧・整備のための財源は, 債務によって財政負担を過度に先送りするのではなく, 社会保障給付の財源確保と合わせて, 課税平準化理論に従った早期の復興増税がふさわしい。また, 震災復興期の社会保障は, 被災者に多い高齢者に対する年金給付や医療提供体制の改善等が重要な論点となる。
This paper investigates the issues faced by fiscal agendas after the Great East Japan Earthquake, and argues what countermeasures are possible in Japan.
Although the Japanese government has a huge amount of debt before the earthquake and an increase in social security expenses due to the progression of an aging population, they do not change the fact that fiscal expenditures for earthquake recovery remains a pressing issue. 
A fiscal management program that is capable of ensuring financial resources and improving fiscal soundness is required. 
Therefore, it is appropriate that financial resources for the recovery and maintenance of public infrastructure combined with funds necessary for social security benefits are obtained by an early increase in taxes for reconstruction in accordance with a tax smoothing theory, instead of needlessly postponing the fiscal burden resulting from debt. 
In addition, regarding social security benefits during the earthquake recovery period, improvements, and so on, to the pension benefits for the elderly, which comprise a large number of the victims, and to the health care provision system, are important issues.
 
目次

 
キーワード
東日本大震災  

復興増税  

復興債  

社会保障・税一体改革  

課税平準化  
NDC
 
注記
特集 : 大震災から三年 : 経済と世相
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 03, 2015 13:18:05  
作成日
Feb 25, 2015 12:53:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 1, 2015    フリーキーワード, 版, 本文 を変更
Aug 3, 2015    抄録, 本文 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 107 (2014) / 107(2) 201407
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 軍事組織における... (277) 1st
2位 新自由主義に抗す... (247)
3位 他者の生を《なぞ... (220)
4位 プラクティス(練... (191)
5位 犯罪とわが国民性 (172)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 ODATE GAME : cha... (606) 1st
2位 Export orientati... (274)
3位 新自由主義に抗す... (264)
4位 Flow Zone : indu... (223)
5位 ナイロン66のATR... (189)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース