top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN00234610-20020401-0111
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00234610-20020401-0111.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.9 MB
Last updated : Jul 16, 2015
Downloads : 250

Total downloads since Apr 19, 2011 : 471
タイトル 自由貿易協定と農業問題
別タイトル
Free trade agreements and controversy about agricultural protection
著者
木村, 福成(Kimura, Fukunari) 
慶應義塾大学経済学部教授
安藤, 光代(Ando, Mitsuyo) 
慶應義塾大学経済学部研究助手
Publisher
出版地 東京
出版者 慶應義塾経済学会
日付
出版年: 2002 - 
作成日
更新日
記録日
上位タイトル
三田学会雑誌 (Keio journal of economics). Vol.95, No.1  (2002. 4) ,p.111- 137
識別番号
ISSN
00266760
抄録 日本がシンガポールに続いて第2、第3 のFTA の締結を検討するにあたって浮上してきたのが、農業問題である。WTO は、FTA を設定する際には「妥当な期間内」に「実質上のすべての貿易」について域内関税その他を廃止することを義務づけている。本論文では、日本が新たなFTA を締結していくためには最低限どの程度、農業保護を撤廃する必要があるのかについて、他の地域協定の内容や先進各国の農業保護の現状にも触れながら、国際貿易論の立場から検討を加える。
Agricultural protection was raised as an issue for Japan when considering the signing of its second and third free trade agreements (FTA) following Singapore.
The World Trade Organization (WTO) requires that duties and other restrictive regulations of commerce within a free trade area be eliminated within an "appropriate timeframe" and for "substantially all the trade" when establishing an FTA.
This study investigates the minimum level of agricultural protection that should be abolished for Japan to enter into a new FTA, considering the details of other regional agreements and the current state of agricultural protection in developed countries while also examining the situation from a theoretical international trade perspective.
目次 1. 地域主義の台頭と日本
2. WTOによる規律
3. 日本の農水産業・農水加工業に対する貿易保護の実態
4. 他の地域協定における農水産品・加工品貿易の取り扱い
5. WTO農業協定と国内農業保護政策
6. 日本に残された選択肢
キーワード
地域主義
FTA
WTO
農業保護
関税譲許
注記 論文
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 95 (2002) / 95(1) 200204
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips