慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00135710-00510001-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00135710-00510001-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Jul 6, 2015
Downloads : 1624

Total downloads since Jul 6, 2015 : 1624
 
タイトル
タイトル 走幅跳における助走速度変化の即時的フィードバック効果  
カナ ハシリハバトビ ニ オケル ジョソウ ソクド ヘンカ ノ ソクジテキ フィードバック コウカ  
ローマ字 Hashirihabatobi ni okeru joso sokudo henka no sokujiteki fidobakku koka  
別タイトル
名前 Effectiveness of immediate feedback including run-up image to improve a long jump performance.  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 丸田, 巖  
カナ マルタ, イワオ  
ローマ字 Maruta, Iwao  
所属 慶應義塾高等学校  
所属(翻訳) Keio Senior High School  
役割  
外部リンク  

名前 松田, 雅之  
カナ マツダ, マサユキ  
ローマ字 Matsuda, Masayuki  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 佐々木, 玲子  
カナ ササキ, レイコ  
ローマ字 Sasaki, Reiko  
所属 慶應義塾大学体育研究所教授  
所属(翻訳) Professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 村山, 光義  
カナ ムラヤマ, ミツヨシ  
ローマ字 Murayama, Mitsuyoshi  
所属 慶應義塾大学体育研究所准教授  
所属(翻訳) Associate professor, Institute of Physical Education, Keio University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学体育研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク タイイク ケンキュウジョ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku taiiku kenkyujo  
日付
出版年(from:yyyy) 2012  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 体育研究所紀要  
翻訳 Bulletin of the institute of physical education, Keio university  
51  
1  
2012  
1  
開始ページ 1  
終了ページ 10  
ISSN
02866951  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this study was to investigate the effectiveness of immediate image feedback to improve a long jump performance. We considered two features of feedback : the running speed curve obtained using a photoelectric cell and the video image of the run-up movement. The participants in the study were eight collegiate track–and-field athletes. Each participant attempted two consecutive long jumps. After the first trial, the participant was given the result of their speed curve data and video image. The coach also provided certain advice to the participant based on this data. Subsequently, the participant made a second attempt. We measured the long jump distance and changed the run-up speed over time. We also captured the digital video image of the run-up movement. We compared the first and second measurements of the jumping distance. According to the results, most of the subjects were able to achieve a better performance in jump distance and speed curve using the feedback data of run-up speed, video image, and advice from their coach for the first trial. It suggested that run-up image the feedback is quite effective in improving long jump performance when it is provided immediately after one attempt.
 
目次

 
キーワード
走幅跳  

即時的フィードバック  

助走速度  

ビデオ映像  

long jump  

immediate feedback  

run-up speed  

video image  
NDC
 
注記
挿図
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 06, 2015 13:10:32  
作成日
Jul 06, 2015 13:10:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 体育研究所 / 体育研究所紀要 / 51(1) (2012)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 「劣等生からの謝... (383) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (358)
3位 中世イスラーム世... (339)
4位 新自由主義に抗す... (267)
5位 犯罪とわが国民性 (264)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 オリエンタル銀行... (186) 1st
2位 ODATE GAME : cha... (165)
3位 新自由主義に抗す... (160)
4位 ジャニーズのアイ... (143)
5位 一九三〇年代にお... (122)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース