慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AA10715861-00000143-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AA10715861-00000143-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :915.2 KB
Last updated :Jan 30, 2018
Downloads : 73

Total downloads since Jan 30, 2018 : 73
 
タイトル
タイトル Measuring quality-adjusted labor inputs in South Asia, 1970–2015  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 野村, 浩二  
カナ ノムラ, コウジ  
ローマ字 Nomura, Koji  
所属 慶應義塾大学産業研究所教授  
所属(翻訳) Professor, Keio Economic Observatory (KEO), Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 明石, 直之  
カナ アカシ, ナオユキ  
ローマ字 Akashi, Naoyuki  
所属 慶應義塾大学大学院商学研究科  
所属(翻訳) Graduate student, Graduate School of Business and Commerce, Keio University  
役割  
外部リンク  
Publisher  
出版地
Tokyo  
出版者
名前 Keio Economic Observatory Sangyo Kenkyujo  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
66 p.  
上位タイトル
名前 KEO discussion paper  
翻訳  
 
143  
2017  
12  
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper attempts to adjust labor input for quality change over time, and quantify its impact on the TFP growth estimates, in six South Asian countries, i.e. Bangladesh, Bhutan, India, Nepal, Pakistan, and Sri Lanka, covering the period of 1970–2015. This work requires employment data differentiated into labor categories and their corresponding wage estimates for each of these countries. The database we compile are country's employment and wage matrices cross-classified by four attributes, namely, gender, education, age, and employment status. Our findings suggest that it is significant to account for labor quality change. In the whole period of our observation, labor quality growths are considerable in all six South Asian countries included in this study, ranging from 0.7% per year on average in Bangladesh to 1.9% in Nepal, compared to the annual growths in total hours worked ranging from 1.4% in Sri Lanka to 2.6% in Bhutan. The changes in labor quality explain 27–46% of the quality-adjusted labor input (QALI) growth in the South Asian countries, implying downward revisions to their TFP growths estimated without considering the changes in labor quality of 0.4–1.1 percentage points per year on average.
 
目次

 
キーワード
Labor quality  

labor inputs  

productivity  

South Asia  
NDC
 
注記
挿表
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Technical Report  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 30, 2018 09:10:32  
作成日
Jan 30, 2018 09:10:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 30, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 産業研究所 / KEO discussion paper / 101-144
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (235) 1st
2位 汎心論と物理主義 (234)
3位 新自由主義に抗す... (186)
4位 ロマン主義として... (178)
5位 軍事組織における... (139)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Architecture of ... (647) 1st
2位 ジャニーズのアイ... (522)
3位 中和滴定と酸塩基... (482)
4位 屋内位置情報シス... (438)
5位 アセトアニリドの... (365)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース