慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170363  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170363.pdf
Type :application/pdf Download
Size :125.2 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 22

Total downloads since Feb 22, 2019 : 22
 
タイトル
タイトル 腸内細菌による生活習慣病個別化医療を目指した生体シグナル伝達相互作用解明  
カナ チョウナイ サイキン ニ ヨル セイカツ シュウカンビョウ コベツカ イリョウ オ メザシタ セイタイ シグナル デンタツ ソウゴ サヨウ カイメイ  
ローマ字 Chōnai saikin ni yoru seikatsu shūkanbyō kobetsuka iryō o mezashita seitai shigunaru dentatsu sōgo sayō kaimei  
別タイトル
名前 Developing personalized medicine for life style related disease by elucidation of an interaction between bile acid signaling pathway and gut microbiota  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 渡辺, 光博  
カナ ワタナベ, ミツヒロ  
ローマ字 Watanabe, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 「生体内シグナル伝達分子としての胆汁酸」を介した個別化予防・治療へのアプローチを目指し, 遺伝子的なバックグラウンドが異なる2系統のマウスの肥満・糖尿病発症の差異に関与する, 腸内細菌−胆汁酸組成経路による胆汁酸応答性の違いを検討した。高脂肪食由来肥満モデルマウスで胆汁酸を投与したところ, A系統では肥満および糖尿病を抑制したのに対し, B系統では抑制せず, 2系統による胆汁酸応答性の違いを見出した。次に, 胆汁酸代謝を検討した結果, A系統ではB系統よりも胆汁酸プール量が多く, 胆汁酸量に相違が見られることが明らかとなった。さらに胆汁酸の組成解析の結果, A系統では胆汁酸投与によりTGR5のリガンドとなるDCAの抱合型であるTDCAが肝臓内に増加していた。胆汁酸組成の違いが抗肥満・糖尿病をもたらすメカニズムには, 褐色脂肪でのエネルギー代謝亢進が関与していた。褐色脂肪はGPCRであるTGR5を介したエネルギー代謝亢進が我々の研究で確認されているが, A系統で血中に増加した胆汁酸がTGR5を介しエネルギー代謝を亢進したと考えられた。腸内細菌との相互作用を検討するため, 胆汁酸投与で肥満・糖尿病抑制効果の見られたA系統マウスに抗生物質投与した実験を行なった。胆汁酸の脱抱合・脱水酸化はグラム陽性菌の胆汁酸が行っており, その作用により胆汁酸が2次胆汁酸に変換される。腸内細菌のうちグラム陽性菌を殺菌する抗生物質を投与した群では, 胆汁酸投与による抗肥満・抗糖尿病作用が打ち消された。現在, 個別化予防・治療へのアプローチ構築を目指し, 詳細な腸内細菌叢解析と胆汁酸組成解析との相互作用分析を進めている。
In this study, we aim to approach individualized prevention and treatment via "bile acid as a signaling molecule in vivo", using two strains of mice with different genetic background and differentiate obesity/diabetes responsiveness. Bile acid was administered in diet induced obesity model mouse. In the strain A, bile acid administration suppressed diet induced obesity and diabetes, whereas it did not inhibit it in the strain B. We found differences in bile acid responsiveness between the two strains. Next, as a result of investigating bile acid metabolism, it was revealed that in the A strain, the amount of bile acid pool is larger than that of the B strain, and there is a difference in the amount of bile acid. In addition, as a result of composition analysis of bile acids, in the strain A, TDCA, which is a conjugated form of DCA as a ligand for TGR 5, increased in the liver by administration of bile acid. Enhanced energy metabolism in brown adipose has been involved in the mechanism by which the difference in bile acid composition may prevent diet induced obesity and diabetes. Previously we found that bile acids are ligands for G-protein-coupled receptor TGR5. In the strain A, increased bile acids in blood may promote energy metabolism in brown adipose tissue via TGR5. In order to investigate the interaction between microbiota and bile acids, experiments were conducted in which antibiotics were administered to the strain A mice. Bile acids are deconjugated and dehydroxylated by gram-positive microbiota, and bile acids are converted into secondary bile acids. The group which administered antibiotics reduced gram positive bacteria counteracted the anti-obesity/antidiabetic effect by administration of bile acid. Currently, we are advancing analysis of interaction between microbiota and bile acid composition analysis with the aim of constructing approaches to individualization prevention and treatment.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 13:34:55  
作成日
Feb 21, 2019 16:15:10  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 塾内助成報告書 / 学事振興基金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本におけるスペ... (371) 1st
2位 新自由主義に抗す... (365)
3位 ロマン主義として... (337)
4位 歌舞伎における後... (310)
5位 『慈照院自歌合』... (273)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Benchmark 2011 i... (1573) 1st
2位 日本におけるスペ... (1157)
3位 日本における赤痢... (381)
4位 『詩人玉屑』版本... (353)
5位 ジャニーズのアイ... (259)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース