慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
2017000002-20170324  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
2017000002-20170324.pdf
Type :application/pdf Download
Size :246.6 KB
Last updated :Feb 22, 2019
Downloads : 27

Total downloads since Feb 22, 2019 : 27
 
タイトル
タイトル 開放制教員養成カリキュラムの評価と改革 : 「慶應モデル」の提案  
カナ カイホウセイ キョウイン ヨウセイ カリキュラム ノ ヒョウカ ト カイカク : 「ケイオウ モデル」 ノ テイアン  
ローマ字 Kaihōsei kyōin yōsei karikyuramu no hyōka to kaikaku : "Keiō moderu" no teian  
別タイトル
名前 Reforming the curriculum for pre-service teacher training : the proposed Keio model  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 鹿毛, 雅治  
カナ カゲ, マサハル  
ローマ字 Kage, Masaharu  
所属 慶應義塾大学教職課程センター教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク  
Publisher  
出版地
 
出版者
名前 慶應義塾大学  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 学事振興資金研究成果実績報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
2019年度より全国の大学で実施予定とされる新しい教職課程が文部科学省によって具体的に提示され, 現在, 再課程認定の手続きが進められている。今後の教員養成カリキュラムはこの政策動向によって強い制約され, とりわけ本塾のような私立一般大学・研究大学における「開放制教員養成」は深刻な危機に直面しているといえよう。
今日の教員養成をめぐるこのような状況を直視しつつ, 本研究では30年余におよぶ教職課程センター方式による「開放制教員養成」の蓄積, 10年間にわたる学内副専攻級コース(学校教育学コース)による高度な教員養成の実践, 教員養成GPにおける成果などを踏まえ, 本塾独自の教員養成・教師教育モデル(=「慶應モデル」)を構築し, 提案することを目的とした。
3年間にわたるプロジェクト研究としては, 国内外の教師教育に関する先行研究の検討や専門家からの情報収集を通して, 教師教育の理念や実態に関する分析, 国内外の教員養成政策に関する考察, 本塾大学教職課程センターの実践に関するカリキュラム評価などを行なった。また, それらの研究成果をもとに, 本塾大学における教師教育の理念や実践に関する独自性を明らかにするとともに, 開放制教員養成カリキュラム案(慶應モデル)を具体化した。
本研究の意義としては, (1)一般総合大学・研究大学における「開放制教員養成」の意義と課題の明確化に基づいたユニークな事例研究として日本の教師教育学の知見蓄積に貢献できるという点, (2)科目の特設などによるカリキュラム改革を通じて大学独自の理念に基づく教員養成を推進できる可能性を具体的に示すことを通じて, 特に中等教育教員養成に対する一般総合大学ならではの教員養成のあり方が提案できたという点, (3)開放制を堅持することを前提とした教職課程センター方式という教員養成システム(慶應モデル)が, 大学における今後の教員養成に関する議論に一石を投じる可能性が示された点が指摘できよう。
The Ministry of Education have detailed the new pre-service teacher preparation program to be implemented in 2019 at universities throughout Japan. Currently, the curriculum re-accreditation procedure is underway. Going forward, the curriculum for pre-service teacher preparation will be tightly controlled by this policy direction, making it difficult for private universities like ours to train pre-service teachers. After the Second World War, Japan reformed the closed system in which only normal schools trained pre-service teachers to create an open system in which all universities are allowed to train pre-service teachers. However, this current system is facing a crisis.
Confronting the situation of today's pre-service teacher preparation, this research aimed to develop and propose our own pre-service teacher education model (i.e., the Keio Model). The research considered factors such as the 30-year history of the Keio University Teacher Training Center's open pre-service teacher education, 10 years of sophisticated pre-service teacher preparation practice provided through the university's minor course (school education course), and results of the Pre-service Teacher Training Good Practices.
As a three-year research project, we reviewed previous studies on teacher education in Japan and overseas and collected information from experts to analyze the philosophy and reality of teacher education, examine pre-service teacher training policies in Japan and overseas, and evaluate the curricula related to the practices of Keio University Teacher Training Center. Based on these research results, we also clarified the originality of the teacher education philosophy and practice at our university and substantiated the proposal for an open pre-service teacher preparation curriculum (Keio Model).
The significance of this research is as follows. (1) It is a unique case study to clarify the meaning and issue of open pre-service teacher preparation at general universities and research universities, and contributes by adding knowledge on teacher education in Japan. (2) By reforming the curriculum including establishing special courses and demonstrating concrete potential for promoting pre-service teacher training based on the university's unique philosophy, the research proposes how to conduct pre-service teacher training — particularly pre-service junior high school teacher preparation— at general universities. (3) The research highlights the possibility that the pre-service teacher preparation system—that is, the Keio University Teacher Training Center style (Keio Model) premised on keeping the system open—raises questions regarding the discussion on the future of pre-service teacher preparation at universities.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 22, 2019 12:46:29  
作成日
Feb 21, 2019 16:13:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 21, 2019    インデックス を変更
Feb 22, 2019    上位タイトル 名前,抄録 内容,著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 学事振興資金研究成果実績報告書 / 2017年度
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ジャニーズのアイ... (365) 1st
2位 新自由主義に抗す... (223)
3位 ロマン主義として... (205)
4位 犯罪とわが国民性 (188)
5位 The practice of ... (183)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 東シナ海の航空交... (422) 1st
2位 オリエンタル銀行... (349)
3位 ジャニーズのアイ... (302)
4位 ODATE GAME : cha... (240)
5位 日本市場における... (197)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース