top link help about koara login
言語選択
flagflag
検索
全文検索(Googleカスタム検索) 詳細検索
インデックスツリー

詳細



ID AN00234610-20160401-0087
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00234610-20160401-0087.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.3 MB
Last updated : Apr 3, 2017
Downloads : 160

Total downloads since Sep 28, 2016 : 160
タイトル 官有地・御料地と無断開墾問題 : 富士山南麓の場合
別タイトル
State-owned land, imperial land, and unauthorized cultivation : the case of the south side of Mt. Fuji
著者
松沢, 裕作(Matsuzawa, Yusaku) 
慶應義塾大学経済学部 (Faculty of Economics, Keio University)
publisher
出版地 東京
出版者 慶應義塾経済学会
日付
出版年: 2016 - 
作成日
更新日
記録日
上位タイトル
三田学会雑誌 (Mita journal of economics). Vol.109, No.1  (2016. 4) ,p.87- 112
識別番号
ISSN
00266760
抄録 本稿は, 明治中期の富士山南麓地域において, 官有地・御料地が無断に開墾される事例を通じて, 近代日本における村落社会のあり方の一端を明らかにすることを課題とする。対象とされた事例においては, 社会の流動化に伴い, 地域外の労働力供給者や, 入会地隣接地域の住民が, 市場動向に左右されながら利得機会を求めて開墾に乗りだし, 村落が近世来の入会地を共同で維持する機能は明治前期に失われていたことが明らかとなった。
This paper aims to clarify one aspect of the rural society in modern Japan through examples of unauthorized cultivation of state-owned and imperial lands on the south side of Mt. Fuji during the middle Meiji Period. In the cases studied, it is clear that during the period, the increasing fluidity of society led to an influx of labor from neighboring regions and outside the region. This new supply of labor led to the cultivation of lands in pursuit of private profits driven by market trends. As a result, during the early Meiji Period, villages were no longer capable of jointly conserving common land-a function they had performed since early modern times.
キーワード
入会地
開墾
コモンズ
村落
皇室財産
commons
cultivation
imperial land
village
注記 論説
挿表
言語
jpn
eng
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 109 (2016) / 109(1) 201604
関連アイテム


KeiO Associated Repository of Academic resources ( KOARA ) -2008-
riken xoonips