慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20130401-0095  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20130401-0095.pdf
Type :application/pdf Download
Size :418.4 KB
Last updated :Jul 31, 2015
Downloads : 748

Total downloads since Jul 31, 2015 : 748
 
タイトル
タイトル 医療保険・介護保険における税と保険料の役割分担  
カナ イリョウ ホケン・カイゴ ホケン ニ オケル ゼイ ト ホケンリョウ ノ ヤクワリ ブンタン  
ローマ字 Iryo hoken kaigo hoken ni okeru zei to hokenryo no yakuwari buntan  
別タイトル
名前 Roles of taxes and premiums in social insurances of health care and long-term care  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 土居, 丈朗  
カナ ドイ, タケロウ  
ローマ字 Doi, Takero  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
106  
1  
2013  
4  
開始ページ 95  
終了ページ 107  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
 
URI
 
JaLCDOI
 
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿では, わが国の医療保険と介護保険において, 保険機能と所得再分配機能に着目して, 税と保険料の負担のあるべき姿を提示した。この観点から, 保険原理に基づく保険料水準の設定と, 所得再分配を意識して保険料負担が困難な個人に税財源を用いた保険料減免を, さらに明確に行うことが求められる。しかし, 現行制度では, 税と保険料の明確な機能分化はなされてこなかった。そこで, この機能分化を意識して, 2009年度の社会保障給付費統計を用いた分析では, 保険原理を貫徹した場合, 医療保険では加入者1人当たり平均の年間保険料は約26.4万円, 介護保険では第1号被保険者1人当たり平均の年間保険料は約25.0万円であると推計される。また, これに比べて, 実際に賦課している被保険者1人当たり平均の年間保険料は, 医療保険では46.3%引き, 介護保険では59.3%引きとなっていることが示された。
This paper focuses on the insurance principle and income redistribution functions in public insurance of health care and long-term care, and investigate how the burden of taxes and insurance premiums should be set in Japan. 
Benefits of health care and log-term care insurance are financed by taxes and premiums. 
However, differentiating functions between taxes and insurance premiums in the current system is not established clearly. 
From this perspective, the establishment of premium levels based on the insurance principle and the reduction of insurance premiums using individuals as tax revenue resources, who can ill afford to bear the burden of insurance premiums, require further elucidation. 
Given this functional difference, an analysis, used "The Cost of Social Security in Japan" in fiscal year 2009, estimates that if the insurance principle fully prevails, the average annual premium in health care insurance per subscriber is approximately JPY 264,000, whereas in long-term care insurance, the average annual premium per Category I insured persons who are 65 years old or over is approximately JPY 250,000. In comparison, this study indicates that the discounts on average annual premiums per insured person actually levied are 46.3% for health care insurance discounts and 59.3% for long-term care insurance.
 
目次

 
キーワード
医療保険  

介護保険  

保険原理  

所得再分配機能  

社会保障給付費  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 31, 2015 15:27:36  
作成日
Aug 27, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 6, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Jul 31, 2015    抄録, 版, 本文 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 106 (2013) / 106(1) 201304
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 犯罪とわが国民性 (223) 1st
2位 A sociolinguisti... (213)
3位 アフリカ社会主義... (183)
4位 中国の洪水神話に... (146)
5位 マルタ防衛協定更... (109)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Name authority d... (287) 1st
2位 ナイロン66のATR... (156)
3位 アルコール発酵の... (155)
4位 おところりん : ... (150)
5位 中和滴定と酸塩基... (140)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース