慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

KOARA登録論文一覧KOARA registration article list


浅川 和宏

※敬称略
全86件
Exploring the challenges for Japanese companies in hiring and retaining local talents in Singapore
修士論文.(2018.3)
The competitive advantage in IoT business : NEC vs GE
修士論文.(2018.3)
Business plan to create happiness and comfort for the Muslims in Japan
修士論文.(2018.3)
Success factors of Japanese food groups in Taiwan
修士論文.(2018.3)
The Chinese consumers and luxury industry : a study of purchasing location
修士論文.(2018.3)
Globalization and strategic restructuring in Sogo-Shosha
修士論文.(2017.3)
Globalization of SME : how on-demand global-talent platform creates value for SME
修士論文.(2017.3)
Re-inventing the American business model in Japan
修士論文.(2017.3)
Catch up strategy for latecomers by open innovation
修士論文.(2017.3)
Open innovation and redevelopment of developing countries markets : enlightenment from the track of Panasonic and Honda in China
修士論文.(2017.3)
Japanese company's cross-border M&A : what are key success factors
修士論文.(2017.3)
Analysis of organizational change on cross border M&A : Gildemeister and Moriseiki
修士論文.(2016.3)
Are parents important for children's career choices?
修士論文.(2016.3)
Open innovation in the EV industry : the impact of technology leadership
修士論文.(2016.3)
Impact investing in the BoP market : implications for Japanese companies
修士論文.(2016.3)
未来の情報共有における行動変容
修士論文.(2016.3)
クロスボーダーM&Aと組織内取引コスト : 日本の医薬品業界を題材に
修士論文.(2015.3)
グローバルイノベーションを促進する冗長性についての考察 : 海外子会社マネジメントの観点から
修士論文.(2015.3)
Impact of psychic distance on market reaction to cross-border M&A : contingent variables and cumulative average abnormal returns
修士論文.(2015.3)
Brain-computer interface : a glimpse of the revolution yet to come
修士論文.(2015.3)
Open innovation : based on the perspectives of the Silicon Valley high-tech startups
修士論文.(2015.3)
医療イノベーション人材の育成 : 医療機器のグローバル製品を生み出すために
修士論文.(2014.3)
戦略とCapability
修士論文.(2014.3)
中小企業金融に関する一考察 : 企業再建過程での信用供与の継続
修士論文.(2014.3)
オープンイノベーション時代の組織デザインと企業パフォーマンス
科学研究費補助金研究成果報告書.(2014.)
21世紀総合商社における海外拠点の「現地総合力」への考察 : 三菱商事と三井物産の中国地域拠点を事例に
修士論文.(2013.3)
超成熟市場における組織を動かす変革のリーダーシップ像の研究
修士論文.(2013.3)
外航海運企業の競争戦略 : 日系大手海運企業2社の多角化戦略を中心に
修士論文.(2013.3)
日本の中小企業の海外展開におけるボーングローバルモデルの展開可能性について
修士論文.(2013.3)
日系多国籍企業の海外現地法人のマネジメントに関する一考察 : グローバル人的資源管理を中心に
修士論文.(2012.3)
海運業グローバルアライアンスの分析 : 日本の外航海運業の生残り戦略としてのCo-opetition
修士論文.(2012.3)
現在におけるアメリカ企業の強さの理由 : 2000年以降もアメリカ企業群は強い
修士論文.(2012.3)
メタナショナル経営におけるIT活用 : ITはナレッジマネジメントにおいて有効か
修士論文.(2012.3)
「韓国エンタテインメント企業の海外進出事例や提案」 : 日本進出成功要因分析
修士論文.(2012.3)
日本企業における海外事業の成功要因について : リソース交換・統合の効果
修士論文.(2011.3)
日本の多国籍企業(MNC)組織の環境適合 : 組織調整メカニズムの再検討
修士論文.(2011.3)
外資系企業日本法人として全社の競争優位構築に貢献する為に
修士論文.(2011.3)
Biomedical regional knowledge cluster in Kobe : entry motivation, social embeddedness and performance
修士論文.(2011.3)
M&A後の戦略的統合の成功要因
修士論文.(2011.3)
M&A後の知識移転に対する一考察 : 促進要因と阻害要因の研究
修士論文.(2011.3)
市場プレゼンスの低下局面における外資系企業日本法人の自由度の獲得について
修士論文.(2009.)
消費者向け仮想店舗で海外顧客を取り込む仕組み―オーダーメイドの高額商品メーカー『中屋万年筆』の事例研究―
修士論文.(2009.)
輸入代行・オークション代行ビジネスにおけるグローバル・マネジメントの仕組みと成功要因分析
修士論文.(2009.)
破壊的イノベーションの促進要因研究―イノベーターとしてのトップマネジメントの役割に関する考察―
修士論文.(2009.)
中国に進出している日系多国籍企業のプレゼンス決定要因分析―現地高度人材獲得のための組織・戦略について―
修士論文.(2008.)
FPD(フラットパネルディスプレイ)産業に関する考察―プラズマディスプレイ 苦戦の理由―
修士論文.(2008.)
日本の企業買収における統合マネジメント―人・組織の融合について場のマネジメントの視点から考察―
修士論文.(2008.)
変化対応力の実践とニッチ企業の持続的な成長
修士論文.(2008.)
ソーシャル・ベンチャーの成功要因―外部環境と組織マネジメントの観点から考察―
修士論文.(2008.)
How does Product and International Diversification Effects firm performance-Interaction effect and Regional Selection-
修士論文.(2007.)
組織イノベーションを促すナレッジ・マネジメント―営業組織における知識活用のメカニズムを中心に―
修士論文.(2007.)
メタナショナル企業に見るパートナリングの功―日本のITサービス業界の明日に向けて―
修士論文.(2007.)
ミスマッチによる飼い殺し―ビッグビジネスにおけるノンコア事業の実態―
修士論文.(2007.)
日本企業の中国におけるRD投資についての考察
修士論文.(2006.)
製薬企業のグローバル戦略とオペレーション-日本の中堅企業への示唆-
修士論文.(2006.)
ローカルナレッジの普及プロセスに関する一考察-よさこい祭りから学ぶ成功要因と応用可能性-
修士論文.(2006.)
並行輸入が企業経営戦略に与える影響について
修士論文.(2005.)
企業におけるドミナント・ロジックの役割-日本の大手エレクトロニクス企業を対象とした一考察-
修士論文.(2005.)
多国籍企業内部におけるナレッジ移転の成功要因
修士論文.(2005.)
医薬品業界の再編による、製薬企業の研究開発力と組織運営への影響
修士論文.(2005.)
日系企業の現地法人における諸変数とパフォーマンスの関係
修士論文.(2003.)
組織変革と企業ビジョン-V字回復における企業ビジョンの有効性に対する一考察-
修士論文.(2003.)
RD提携戦略の成功要因-日本のエレクトロニクス企業の場合-
修士論文.(2003.)
ヨーロッパ生命保険市場における国際展開-日本生保への示唆-
修士論文.(2003.)
生命保険事業における多国籍展開と決定要因
修士論文.(2002.)
戦略提携の成功要因
修士論文.(2002.)
グローバル事業の経営パフォーマンスに与える影響-グローバル事業再編における一考察-
修士論文.(2002.)
バイオベンチャーの研究開発の外部依存とグローバル・アライアンス・マネジメント
修士論文.(2002.)
新薬探索における提携の成功要因-日本製薬企業の場合-
修士論文.(2001.)
外資系企業日本法人の戦略的イニシアティブ
修士論文.(2001.)
京阪エレクトロニクス企業の競争優位の源泉と移転可能性
修士論文.(2001.)
組織内における情報のフロー調整の発生と要因-MNCにおけるプラクティス移転の場合-
修士論文.(2000.)
日本企業の投資対象としてのマグレブの意義-EUを取り巻く中・東欧諸国との比較-
修士論文.(2000.)
国内で十分な競争力基盤を持たない企業が世界市場で競争力をもつまでに至る過程
修士論文.(2000.)
Workplace Adjustment Issues for Voluntary Expatriates from a Developing Country-An Exploratory Study on Malaysian Chinese in Japan-
修士論文.(1999.)
日本の金融機関は外資系金融機関からいかに金融ノウハウを移転するのか―提携・合併の役割―
修士論文.(1998.)
経営理念の一考察―浸透度を上げるために―
修士論文.(1998.)
石油企業の組織変革プロセス―持ち株会社への移行―
修士論文.(1998.)
日本のエレクトロニクス企業が競争優位を築き上げる為の戦略統合機能についての一考察
修士論文.(1998.)
外資系企業のイノベーション―化学産業における実証研究―
修士論文.(1997.)
日本企業の海外基礎研究所の人材管理とその日本への応用についての一考察
修士論文.(1997.)
Managerial Action in the Subsidiary of MNCs in Japanese Telecommunications Industry
修士論文.(1997.)
嗜好品の国際戦略-Food Product of The Japanese By The Japanese For The Japanese-
修士論文.(1996.)
現地子会社への権限委譲の提携への影響-日本の石油業界において-
修士論文.(1996.)
PITFALLS WHEN TRANSFERRING BEST PRACTICES WITHIN A FIRM
修士論文.(1996.)
国際石油メジャー子会社の発展プロセスに関する一考察
修士論文.(1996.)